CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
マザーテレサから学ぶ
1







うちの会社は今日は給料日。
「生きがい工房」のメンバーの給与明細書にはこんなメッセージを添えてみました。


 
 【201511月 給与明細メッセージ】 

今月も皆様、お疲れ様でした!

先日、「金スマ」に渡辺和子さんという方がゲストで出演されていて、たまたま家にいた私は何気なく観ていた。

渡辺さんはクリスチャンでアメリカにも住まわれた経験があるために、マザーテレサが来日された時に通訳として活躍された方です。


マザーテレサの話をする中で、こんな話がありました。


マザーテレサが講演会である参加者から「すぐに死に逝くと分かっているも人に、大切な薬を使うのは無駄なのではないですか?」という質問に対して 


「死に逝く前に、自分は人から必要とされている、自分は大事にされている、自分は愛されているという扱いを受ける事で、喜びを感じながら死んで逝く人がいる。その為の薬を私は無駄だとは思わない。死ぬ前にそれを知ってから逝くのと、知らないまま逝くのとでは、大きな違いが有るのです。」


というお話をされていました。


それを聞いた時、私はとても感動しました。と同時に、

「私たちの仕事も全く同じじゃないか」

と思いました。



私たちの施設には、いろいろな方がいらっしゃいますよね?


とても苦労の多い人生を歩まれた方、家族にも愛されず辛い思いをされている方、家族や社会から虐げられ悲しい思いをしている方。



でも、そんな人が、私たちの「生きがい工房」で皆さんと出会うことで愛を感じてもらえたとしたら?

自分は人から必要とされている人間なんだ! って思ってもらえたら、命の素晴らしさと感謝の想いに溢れることができたとしたら、きっと大きな喜びを感じて、その人の一生を変えることができるかもしれません 。

その人の魂に影響できる仕事。魂の救済。

それが私たちの「介護」という仕事なのかもしれません。



「この世の最大の不幸は、貧しさや病ではありません。誰からも自分は必要とされていない、と感じることです。」
マザーテレサ



改めて思いました。


私たちの仕事って素晴らしいですね。

いつまで、いつまでも 


 
「すべては利用者様の幸せのために」



それを目標に一生懸命取り組んでいきましょうね!








 

| 介護 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
介護の仕事を通じた学び
0



     
    【介護の仕事を通じた学び】


    介護の仕事をさせて頂くことでたくさんのことを学ばせていただいている。

    多くの利用者様との出会いによって、「人生の締めくくり方」を学ばせて頂いている。

    自分は人生をどう終えていくのか?

    そのためにはどんな生き方をしていったらいいのか?

    そんなことを知らぬうちに考えるようになった。



    こういった歳の取り方をしたい。
    こういったお年寄りになりたい。


    そんなことを考えるとは今までは予想もしなかったが、人生の終わりから、ブレイクダウンした目標をもうこの歳で考えるようになるとは正直意外だった。

     
    また、多くの利用者様には、それぞれ歩んできた人生という長い道があり、それを共に歩んできた家族というパートナーがいらっしゃる。

    利用者様やご家族からたくさんの昔の貴重なお話をお聞きし、その人たちの人生を想い想像し、その長い人生の歩みに深い尊敬の念を思う。


    その人達の人生に寄り添うことこそ、介護の質を高めることだと思う。

    目の前の人に心から関心を持ち傾聴し相手を認める。

    人と人との関係における基本だと思う。


    そんなコミュニケーションの基本についても人生の大先輩から学ばせていただいるんだ。







     
    | 介護 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
    介護の現場で学ぶこと
    0







       
      京都からの研修生の鴨井くんは、4日の研修を終えて笑顔で京都へ帰られました。

      帰る時には、みんなと一緒に撮った写真を色紙にして記念にお渡ししてお別れしました。
       







      利用者様はお別れするのが本当に寂しそう。名残惜しい様子でした。

      鴨井くんはこの研修をスタートする時に3つのゴールを設定しました。

      そのゴールを意識する中で、利用者様とのコミュニケーションに力を入れていたようでした。

      利用者様とのお話に時間を割いて、利用者様の気持ちを感じ取ろうと、傾聴の姿勢をもって利用者様と関わってくださりました。

      その関わりが、わずか2日間(1事業所)の関わりにもかかわらず、もっと一緒に話しをしていたい。もっと時を過ごしたい。

       と利用者様に思っていただけるようなラポールを築かれたのだと思います。

      コニュニケーションを学ぶ中で、人と人との関わりの本質に触れ、その関わりを追求する中で、介護の現場に疑問を感じた鴨井くん。

      その問題解決のきっかけが、うちの事業所から見つかったとしたら、この研修のゴールは達成したのではないでしょうか?


      コミュニケーションは人と人との関わりからしか学べません。

      同じく、優しさも人からしか学べません。


      「幸せは人と人との間にある」


      そんなことを学べた事業所だとしたら、こんなに嬉しいことはありません。

      私たちは介護の現場で、日々、利用者様にとても多くのことを学ばせていただける非常に有難い仕事をさせていただいております。


      「介護人財に誇りとやりがいを」


      このミッションを果たすために、これからも努力していきたいと思います。

      このような機会を与えてくださった今給黎勝さん


      有難うございました。






       
      | 介護 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
      京都からの研修生
      0





        今、弊社「生きがい工房」には、京都から鴨井くんという青年が研修に来ている。
         
        介護の仕事をしていた彼は、今までの職場に疑問を感じ、介護の仕事の情熱を失いかけていた。
         
        そんな時、私の恩師のご紹介でお会いすることになったのだが、

        とっても素直な青年で、まだ介護に対する未練があったようなので、

        うちの会社を見てみないかとお誘いしたところ、
        ぜひ行って勉強したい!と即答されたので、迎え入れることになったのだ。
        期間は4日間、交通費、宿泊費、もちろん日当など出ない条件だが、

        全てを吸収しようと貪欲に取り組んでいただけて、うちの利用者様からも大好評だ。

        そんな彼を見ていて、自分も20代で、飲食店の店長をしていた頃、全国に優秀な店長がいるとお聞きすれば、関西でも広島でも岡山でもどこでも会いに行き、いろいろなお話をお聞きしたり、時には店舗のオペレーションに一緒に入らせていただいて、店舗運営を学ばせていただいたりしていたことを思いだした。
         
        当時は無我夢中で相手の立場などを考えたことはあまりなかったかもしれないが、少しでも良いお店を作りたい、少しでも成長したい!という想いで必死になってお会いしに行った記憶がある。

        やはりそんな経験がものすごく大きく成長させてもらったと思う。


        自分が変わりたければ、やはり環境を変えることは大事だ。

        新しい人との関係は間違いなく新しい未来を創り出す。

        自分でその環境を作り出すために、一歩を踏み出すことができるか?

        この鴨井くんのように。


        そんなことを自問自答して20年前の自分と比べてみた。

        もっともっと貪欲に

        もっともっと殻を破れ!


        鴨井くん!

        たくさんの気づきをいただき、本当に有難う。

        今日が最終日だね。

        今日も宜しくお願いします!











         
        | 介護 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
        笑顔の増えるお仕事
        0

          今日は、うちの日頃から頑張ってくれているスタッフをご紹介いたします!


          生きがい工房上和田のオープンの2013年4月から創業メンバーの一員として働いてくだださっています介護職の黒沢こず恵さんです。


          高校卒業後、専門学校で社会福祉を学び、今まで特養、グループホームなどで、介護の仕事を一筋7年間取り組んきた黒沢こず恵さん。

          「生きがい工房」についてお話しを伺いました。










          「生きがい工房」で働いてみてどうでしたか?

          今までやってきた介護の仕事は、施設側の都合でいろいろなことを決めていくことが多かった。

          例えば、利用者様の介護度の様子や日常生活のさまざまな状況に応じてお断りをしたりすることが多かったが、ここの施設は一切お断りをせず、介護が大変な利用者様も全て受け入れをしていますよね。

          それを実現するにはとても大変ですし、みんなでいろいろと悩むことが多いけど、それをなんとかしようとしてみんなで話し合ったり苦労しながら乗り越えていく。

          そういった姿勢は本当にすごいことだと思うんです。



          「生きがい工房」ってどんなところですかですか?

          私たちの考え方として、ここの利用者様やスタッフが、みんなで家族のような気持ちで接していますよね。

          自分のおじいちゃん、おばあちゃん、両親だとしたらどうやって欲しのか?

          そんな気持ちでみんなが利用者様に接していて、それは普通、なかなか出来ることではないけどみんなが同じ気持ちになれていると思います。

          それと、利用者様のやりたいこと!をできるだけ叶えてあげたいと、個別やグループ活動で皆さんのご要望をなるだけ聞こうとしている。決して施設の方針に無理強いをしたりしないようにしていて、皆さんのやりたいことを見つけて行ってあげることを忘れずやっている。

          そんな中でレクや作業など、いろいろと楽しい事を常に企画しながらこだわってやっています。



          「生きがい工房」でのお仕事はいかがですか?


          前職が特別養護老人ホーム、グループホームでしたが、利用者様想いの介護ができているので嬉しいですね。

          入所施設の時には毎日が作業やお世話に追われている感じでした。

          なかなかゆっくりと利用者様とお話しをしたり、関わったりする機会がなかったのですが、こちらでは関わりの質も時間も長いですね。

          レクも質が高いしいろいろな種類の事が提供できている。

          利用者様の楽しんでいる姿はこちらの方が圧倒的に多いですね。

          利用者様とのたわいない会話が本当に楽しい。自分のおばあちゃんと話しをしているような感覚でいろいろと話しをしている。

          はっきりいって、家にいる時よりもこっちに来ている時の方がよくしゃべっていると思う。
          毎日、本当に楽しいですよ〜!!




          どんな方に「生きがい工房」来て欲しいですか?


          明るい人にぜひ来て欲しいですね!

          みんなに元気や笑顔を届けて欲しい。
          そんな方が来てくれるとありがたいですね。

          ここの人はみんな、優しさというか、想いやりをもっている人ばかりで仕事がしやすいですよ。


          「ここに来ればあなたも笑顔が増えますよ。」って!お伝えしたい。

          大きな施設ではため息が増えてしまったり、大変なことばかりだった気がします。

          ここに来て、もちろん仕事は大変なことが多いんですけど、笑顔になれる時間が増えて本当に楽しいですね。

          皆さん、ぜひ私たちの仲間になってください。お待ちしております〜!








          NEW!「生きがい工房」では、一緒に働いてくださる方を募集しております。

          saiyo@dream-foundation.jp
          までお気軽にご連絡くださいませ。



          詳細については下記のリンクをご覧くださいませ。
          皆様のご応募を心よりお待ちいたしております



          生きがい工房二俣川の採用情報

          生きがい工房二俣川パート2の採用情報

          生きがい工房上和田の採用情報



          チャペルドリーム・ファウンデーション運営店舗のご案内
          | 介護 | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
          生きがい工房!!!
          0




            事業所の前の公園の桜も満開になり、気持ちよい季節になりました。

            この度、4月1日より、「茶話本舗デイサービス二俣川」と「茶話本舗デイサービス二俣川パート2」の2事業所の名称を

            「生きがい工房二俣川」、「生きがい工房二俣川パート2」に変更することに致しました。




            人が幸せを感じるときはどんなときでしょうか?


            いろいろとあると思いますが、

            私たちは健康で「生きがい」をもって生活できることだと考えました。


            人から必要とされること。

            自分の役割や使命感を持っている。

            作業やレクレーションを通じて、楽しさや生きる喜びを感じられること。

            そんな「生きがい」をもって生活をしていただける方を一人でも増やしていきたい!

            そういった目的をもったデイサービスを作っていきたいと考えました。


            また、生きがいをもってイキイキと生活される利用者様と共に一緒に成長をさせていただける、我々スタッフも、その仕事の中からたくさんの生きがいを作り出すことができ、生きがいをもって生活をすることができるはずです。



            「生きがい工房」はまさに、利用者様、スタッフの「生きがいの創造」、「生きがいの共有」ができる、そんなデイサービスを目指して参ります。



            まだまだやりたいことがたくさんあります。

            皆様のご期待に応えられる「デイサービス生きがい工房」になれますよう、これからも精進して参ります。皆様のご指導、ご鞭撻をいただけますようお願いもうしあげます。



            正田進


            チャペルドリーム・ファウンデーション運営店舗のご案内
            | 介護 | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
            意識を変えること!
            0
              今日はもう一つ嬉しいことがありました。
              皆さんに、私から今日送った社員向けメッセージを共有したいと思います。



              正田進日報
               

              『お疲れ様です。

              バンコク店舗、グランドオープン2日目です。
              昼間は日本とSkypeやLINEと通じてミーティング。
              メニュー製作についてだったり、各管理者とのミーティング、管理部とのミーティングなど。

              その後は2日目の営業に入りました。


              (略)


               

              介護事業部の皆さん、今日は見学者の対応有難うございました。

              ⭐︎⭐︎管理者、△△管理者を中心に前日から緊張しながらも、頑張ってアテンドしてくださり、本当に有難うございました。

              見学に来てくださった方や娘さんは大変気に入ってくださり、もう一度ご自宅でご本人と娘さんとお孫さんとで話し合われるようです。
               

              今回のケースは特殊で、通常はケアマネさんから当社や当施設をご紹介いただいて、ご見学となるのですが、
              今回は社員の◯◯さんが直接お話をしてうちの施設に見学に来て頂いた方でした。


              介護度も付いていて、担当ケアマネも付いているという特殊なケースではありますが、そのように介護施設を探されている方に巡り合ったり、そのような介護でお困りの方のお話を伺ったときに、すかさず当社の施設をお勧めできるかどうか?

              みなさんは果たしてどうでしょうか?
               

              ◯◯さんが書かれた日報のコメントにもあったように、今までは名刺は持っていても、業務上で知り合った方との間でしか名刺交換はしなかったようですが、会社の現状を考え、少しでも稼働を増やすためにと、名刺を持ち歩いた。

              その結果、そのような方に巡り合うことができ、当社のことを伝えることができた。


              「 いつでも営業する気で名刺を持ち歩き始めました。
              レストランの隣で食事をしているご家族に名刺を渡して、数日後に見学に来てくださったので、意識が変わると自分の動きも周りも変わるので面白いですね。△△さんのご報告楽しみにしています。」

               

              と◯◯さんが日報のコメントしています。


              何としても、この利用者様、ご利用をしていただきたいなあ。(クロージング担当△△さん、頼みましたぜ!)



              「意識が変われば行動が変わる。
              行動が変われば習慣が変わる。
              習慣が変われば未来が変わる。
              未来が変われば運命が変わる。」


               

              と言われています。(Panasonicの創業者松下幸之助さんが言われたようです。)

              だからこそ、変革を起こすには意識改革が最も大事なことなんですね。


              管理者、介護者、皆さんの意識が変われば、習慣が変わり、会社の未来が変わります。
              利用者様の未来、そして皆さんの未来ももちろん変わります。



              「全ては利用者様の幸せのために」

              という私たちの目指す先を常に意識することで、現状に対して常に危機感を持ち、常に高い意識で日々過ごしていただければと思います。

              そうすることで、私たちの目の前の利用者様のもっともっと人生を幸せなものに変えていくことができるはずです。


              幸せは求めるものではありません。見つけていくものです。

              利用者様の幸せを一緒に見つけていきましょう。



              もっともっとドリファンは飛躍しますよ。
              やっちゃいましょうよ〜

              みなさんお願いいたします!』




              といった内容でした。


              以上バンコクからお疲れ様でした〜!!









              正田進


              チャペルドリーム・ファウンデーション運営店舗のご案内
              | 介護 | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
              介護事業3周年
              0
                3月1日
                三年前の今日、我々は介護事業に参入することができた

                ↓三年前のブログがこちら
                最初の1日

                あの日の情熱を今もなお、持ち続けているだろうか?

                答えはもちろんイエス!!!

                毎日介護現場に入り、介護を必要としているご家族やご利用者の皆様と毎日接することで、現状を深く理解することでますます我々介護事業者の使命を感じ、ますます熱い情熱を持って頑張ることができている。

                私たちの志、「介護理念」を作り、行動指針を作り、そのあるべき姿に向かって、志に共感して集まった家族のような素敵な仲間と共に、日々頑張ることができている。三年前に介護事業所を営業譲渡を受けて始めた時、一緒にスタートした仲間は、今はもう誰もいない。
                しかし、その後集まってくれた仲間が今は大勢いる。去って行った仲間も、多くのものを我々に残してくれ、それがあるから今の私たちがあるのだと、今まで関わってくれた仲間達にも感謝したい。

                本当に有難いことだと感謝している。


                4月から介護保険が改正され、我々介護事業者にとってますます厳しい状況が待っている。

                我々の展開する事業は、介護保険収入が改正後、約9%減となる事が明らかになっている。

                同じことをしていても、売上が約1割減少するのだから大ごとだ。

                この現状をどう捉え、どう進めていくのか?


                しかし我々のような、小規模事業者にとっては、ひょっとしたらこれはチャンスになるのではないか?とも考えている。

                この状況を1年半乗り切る事ができたのならば、きっとその後はますます大きなチャンスが待っていると思う。

                それを信じ、介護事業4年目を邁進していく。



                ↑3周年を無事に迎える事ができたことを感謝。




                正田進



                チャペルドリーム・ファウンデーション運営店舗のご案内
                | 介護 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
                この指とーまれ!(当社採用情報)
                0



                  【理想の介護を追求する仲間大募集!】

                  このたび私たち、株式会社ドリーム・ファウンデーションでは私と一緒に介護事業にチャレンジしてくれる仲間を募集します。

                  代表者の私自身が介護事業にチャレンジしてまだ3年弱ではありますが、今まで「障がい者福祉」、「飲食事業」、「人財教育」、「コーチング」「フランチャイズ事業」、「海外事業」と様々な経験をしてきた経験をフルに活かしながら
                  「全ては利用者様の幸せのために」を合い言葉にスタッフひとり一人の「良心」、「誠実」、「謙虚さ」を大事にしながら「理想の介護」を創りだすべく日々奮闘しております。

                  ぜひ私たちと一緒に「理想の介護」を目指してみませんか?

                  仕事とは何をするか?よりも誰とするか?が最も大事であると思っております。
                  誰とするか?
                  というのは、どんな価値観をもった人たちとするのか?という意味であります。

                  ある調査によりますと、介護の職場を退職される方の理由のうち、もっとも多い理由が
                  「職場の考え方が自分に合わない」ということだそうです。


                  自分の夢と会社の目指す価値観が一致しているか?
                  そしてその事が、日々もっとも安定して楽しく幸せに過ごせるということなのではないでしょうか?

                  そういった意味で、我々が大事にしている【行動指針】をご紹介致します。ぜひこちらをご覧頂きまして、多くを共感頂けるようでしたらきっと良い職場となるのではないでしょうか?

                  ぜひそういった意味でもご覧頂ければ幸いでございます。




                  ◎ドリーム・ファウンデーション介護理念◎

                  ,垢戮討陵用者様のニーズを把握し、実現して行く。そのニーズに対しては決してお断りをする事はしない。

                  ⊃佑旅せに貢献するために、我々は常に成長を求めていかなる努力も怠る事は無い。

                  M用者様の幸せとは、生き甲斐を持って生きて行く事であると考える。利用者様の生き甲斐を常に考え、引き出す努力をしていく。

                  げ罅垢介護事業の価値を高め、広げて行く事で、介護事業に関わる人たちのやりがいの向上や社会的価値の向上につながると信じて、社会的使命を常に意識した行動をして行く。

                  ネ用者様が健康に生活を続けていけるように利用者様の健康を常に考えたアプローチを促して行く。

                  職員は常に明るく元気でいる。その事が周りの人を明るく元気にして行く事になる事を心がける。

                  仲間の事を常に考え、相手の変化に常に気を配る。

                  相手に面と向かって話せない内容をその当事者がいないところで話さない。

                  「一人はみんなのために、みんなは一人のために」をモットーに、仲間を大切に、個人を大切にして行く組織にして行く。

                  夢を持つ事は素晴らしい事です。夢の持てない時代だからこそ、我々が夢をもちその夢に向かって輝き続ける事が、多くの人に夢を与えるきっかけになると信じる。

                  他人の失敗は学びのチャンスです。その失敗から何を学ぶ事ができるのかを考えて対処する。

                  「一期一絵」の精神を持って今、目の前にいる方との瞬間に意識を向けて行動する。

                  私たちは人と人との関係性を大事にする会社です。社員・パートナーは同じ志をともにする、同志であり、ともに結果を出すチームであり、ともに成長をしていく仲間である。だからこそお互いの成長の支援をすることこそが会社の最も大事にする価値観です。


                  「ドリーム・ファンデーションの介護事業部は、利用者様、ご家族、スタッフとその家族、すべての人たちが幸せな人生を送れるために存在する。」



                  【募集職種】介護職・ヘルパー・管理者候補・幹部候補

                  ※未経験者大歓迎です!一つ一つ丁寧に指導致します。
                  スキル、経験はもちろん大切ですがそれよりも「想い」を最も大事にしております。

                  【雇用形態】正社員・パート社員(夜勤専従者も同時募集)

                  【サービス名】通所介護(10名定員お泊まりデイサービス)

                  【勤務地】横浜市旭区(最寄り駅相鉄線二俣川駅)・神奈川県大和市(小田急線高座渋谷駅)(車・バイク通勤可)

                  【給与】(正社員)23万円〜35万円位(資格、経験などにより相談しながら決めましょう。)
                  (パート)時給950円以上(生活相談員資格保有者1000円以上)、
                  夜勤一勤務15000円以上

                  【待遇】交通費全額支給(ガソリン代可)、社保完備、食事支給、昇級あり。

                  まず、この記事に興味を持った方は一度お会いさせて頂き、私達の施設をご覧頂きながら、私とお互いの将来の夢や価値観についてお話をしてみませんか?

                  saiyo@dream-foundation.jp
                  まで、まずは一度お気軽にご連絡くださいませ。


                  皆様とお会い出来る事を心よりお待ち申し上げます。




                  正田進


                  チャペルドリーム・ファウンデーション運営店舗のご案内
                  | 介護 | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  第8期のはじまり
                  0

                    弊社では、本日から第8期目を迎える事が出来ました。


                    そして今期から介護事業所だけの会社になりました。

                    2月末に、創業から続けて来た飲食事業(居酒屋事業)から、完全に撤退し、介護事業に専業とする事に致しました。

                    95年に前職の会社を創業し、飲食業へ参入いたしました。そこから20年弱飲食店の経営に携わって来ました。

                    飲食業は「商品力+ホスピタリティー」という要素で成り立っています。

                    飲食店の商品力と言えば、まずは料理やドリンク、そして内装や雰囲気。

                    それに思いやりというホスピタリティーを加わえ、それと価格とのバランスが整っていると飲食店の繁盛店を作り上げる事が出来ました。

                    その中でも我々は20年間に渡り、フランチャイズ事業の加盟店として経験を積み、商品の部分や仕組みをフランチャイズ本部に作って頂き、我々加盟店はホスピタリティーの部分だけを担って勝負して参りました。
                    特に人の教育や人のモチベーションについて徹底的に考え、教育をし、数々の仕組み化をしてまいりました。

                    現在取り組んでいる介護事業とは、そのホスピタリティーが全てです。

                    どれだけ思いやりをもって人に接する事が出来るか?
                    その想いの醸成こそが最も大事であり、それが全てだと言っても過言ではないのです。

                    その我々が今まで20年間に渡って培って来たその力を存分に発揮する事こそ、介護事業においての成功を勝ち得る事となると信じているのです。


                    今期はその集大成だと思っております。

                    今までやって来た事を、圧倒的な成果にして証明します。

                    「正義は勝つのではない!勝たねばならない!」

                    我々の想いを証明する年にします。



                     
                    新年度を迎えるに当たって、地元の松陰神社へお参りに言って来ました。
                    今期の決意を伝えて来ました。







                    正田進


                    チャペルドリーム・ファウンデーション運営店舗のご案内
                    エビス参バンコク店
                    | 介護 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    << | 3/5PAGES | >>