CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
志事
0



    先日、とても素敵な経営者の方にお会いした。
    自分の業界を良くしたいという強い思いで、事業に取り組んでいらっしゃる方。
    お客様を幸せにしたいという思いを誇りに、スタッフ全員でそのミッションに向けて進んでいる。
    その思いが、店舗でのサービスから伝わってくる。

    仕事とは、「志事」であると捉え、常に自分が仕えるのではなく、志す事という主体者であると捉える事でお客様に感動レベルのサービスが出来ると説く。
    素晴らしいですね。
    私も改めて自分の「志」について考え直してみたりして、いろいろと気づかせて頂くことができました。

    仕事とは、志事である。

    私も私利私欲では無い、高い志の山に登っていきたいと改めて決意し、久しぶりのブログに書き記しておこうと思いました。



    写真は先日、葉山の海から見た夕日。
    富士山のシルエットと真っ赤な夕焼けが最高でした。

    | 気づき | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
    人の可能性を信じること
    0

       

       

       

       

       

       

      人の可能性を信じ、決して諦めずに支援し続ける。
       
       
      常にそのことは頭に入れてきた。(つもりだった)しかしひょっとしたら、可能性に蓋をして、成長を阻害していたのは上司の一言だったりしたかもしれない。
       
       
      自分の意思よりもさらに高みを目指して必死になって取り組んでくれていた部下からのメールを読んで、そんなことを感じてしまった。
       
       
      でもそんな部下が持てて本当に幸せだ。
      深夜、一人でカオソーイを食べながらしみじみと感じたよ。
       

       

       

       

       

      | 気づき | 03:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近の様子
      5

       

       

       

       

      久しぶりのブログになってしまいました。

       

      もう7月も終わりですね。6月、7月の2ヶ月間は、

       

      経営者として、また個人としても色々なことがあり、色々なことを学ばせていただいた、そんな月でした。

       

      学んだことをいくつか書いておきたいと思います。

       

       

       

      ・経営者とは、わずかな希望しか持てなくても、ひょっとしたら無理だと思われることだとしても、希望を熱く語り続けることができる人ではならない!

      一緒になって、悲観している人、むりやりうまく行かない現状を受け入れようと解釈している人。
      そんな人には誰もついてはいかない。
      1%の可能性に信じてそれを熱く熱く伝えられる人でなければならない。
      それには、自らの志とそれを実現するための情熱が最も大事なんだ!
       
       
      ・やはり成果を出している優秀な人は、ダメな理由を考えるのではなく、どうしたらできるかを考えられる人だ。
      うちの若いスタッフから、それを学ばせてもらいました。
       
      ・結局、結果を出すことが最も大事。
      結果を出し続けることが、最も自信が持て、メンタルが強くなる方法だ。
      最もうまくいっている時、最もうまく行っていない時。そんな両極端な時は実は伝えるにはとても大きなパワーが宿っている時だ。
       
       
      ・介護事業をする上で一番大事なものは、「志と情熱」。
      情熱を持たない介護は、作業でしかない。
      情熱を介護職こそ最も情熱がなければ出来ない仕事だ。
      なぜなら、介護職とは、人の命を預かり、人の人生を決めてしまう仕事だからだ。
       
       
      ・志や情熱は、主義主張を超えた、はるか高いレベルに存在するものだと思う。
       
       
      ・介護って今はとても大変な時期だと思う。介護保険の報酬単価であったり、様々な規制であったり。。
      でも、日本の高齢化社会ってこれからがピークを迎え、これからが本番なんだ。
      ここで諦めるわけにはいかない。どうしたらできるのか?どうしたら勝てるのか?
      このピンチがあるから、さらに良いものが生まれたと言えるチャンスとして、これからも頑張っていきたい!
       
       
      忘れないように、最近考えたことを書いてみました。
       
       
       
      | 気づき | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
      成果を出すには
      5






      今までなかなか頑張ってても、苦しんでも成果が出ない時、

      ふとしたことがきっかけで突然成果が出るようになる時ってがあると思います。


      それってどうしてなんだろう?



      いろいろな要因があると思うのですが、一つの視点として、そこにある問題が解消されると成果が出ることってあると思います。

      その問題って、実は、自分の外側にあることもありますが、

      自分の内側にあることがほとんどで、その問題となっていることって

      かつて自分を守ってくれた大事な大事な経験から得られたことも少なくなく、

      そんな自分の大事なアイデンティティーのようなものこそ

      実は自分のストッパーとして機能していることがあったりする。



      それが機能していると、成果を出したいと思っていても、潜在意識で止めているものがあるから出せない。

      思いと結果が裏腹ってことになってしまう。

      どんなにガムシャラに頑張って、行動をしていても、その行動が成果につながらない。みたいな。

      サイドブレーキをかけたまま、アクセルをめいいっぱい踏んでいるみたいな状態。

      気球に重りがたくさんついていて、飛び立とうとしているのに、飛び立てない状態。

      すなわち行動が成果につながっていない状態。


      日々の行動が成果を作り出しているのか?というと正直それだけではないのだ。


      じゃあ、どうしたらそのストッパー(サイドブレーキ・重り)を外してあげることができるか?


      それが思い込みっていうことを気づかせてあげる。


      そのストッパーは「今の自分に」必要かどうかを考えてもらう。


      それを口で伝えることもあれば、その思い込みを環境を変えることで気づかせてあげる。

      これも大事。


      その重りやストッパーを外してあげることこそ、成果の出るマネージメントであり、それをひたすら繰り返して行くことこそが
      もっとも大事なんだってことに最近気づく。



      忘れないように。ブログに書いておこう。


      5月は大変良い月だった。

      みんなの成長が見られ、良い成果、良い出会い、良い気づき。

      6月、7月と今までの成果を刈り取っていく月にしていきたい!









       
      | 気づき | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スタッフの成長を見て
      0






        気になっていた社内のトラブルを、スタッフ同士で話し合い、悩みながらも殻を破り、皆んなで壁を乗り越えました

        このような、スタッフが成長していく姿を見ることが1番嬉しい瞬間です。

        関与せず、ジャッジせず、課題と視点を与えることで、自らの道を歩む力を養っていく。


        そんなリーダーが育ってきたことが素晴らしいですね。


        今日のお天気のように晴れ渡った気分です。


        有難うございます‼︎





         
        | 介護 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
        誕生日
        0






          本日は、47歳の誕生日に本当に大勢の方々からお祝いのメッセージを頂きまして誠に有難うございました‼︎


          まだ全て目を通すことが出来ておりませんが、必ずすべて読ませて頂き、ご返事をさせていただきますので宜しくお願い致します。


          今日は喜びに溢れた1日でした。


          携帯やFacebookにはひっきりなしにお祝いのメッセージが届き、是非一緒に働きたいと思っていた方から、沢山の内定を蹴って弊社への入社の意思決定を頂いたり、何よりも嬉しかったのはこの1週間、朝から晩まで、ずっと心配していたことが、安堵に変わった日でもありました


          健康に生きていられるということがどんなに幸せな事か!改めて噛み締めた日々でした。


          多くの仲間や友人の愛に囲まれて、守られて、こうして幸せを感じることが出来ていることに改めて感謝の気持ちを感じました。


          まだまだこれからも、若さとチャレンジ精神を忘れずに、謙虚な気持ちで与えられた使命を全うしてまいりたいと思いますので、今後とも何卒宜しくお願い致します。






           
          | 気づき | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
          末長くお幸せに!
          0




             

            仁志さん、祐美さん
            ご結婚おめでとうございます‼︎

            お二人の人に対する愛情の深さに溢れていた、素晴らしい結婚式にご招待いただきまして誠に有難うございます。



            末長くお幸せに‼︎







             
            | - | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
            命を預かる仕事
            0




               

              昨日、そして今日と、二日連続で別の救急病院へ付き添いの為に行ってきました。

              病院にいる間中、ずっと祈るような気持ちだ。

              と同時に、もっと良い対応ができなかっただろうかとあれこれと考える。

              しかし、なぜこういったことは続くのでしょうか。
               

              いずれの方も快復に向かっているのでとりあえずは一安心。
               

              家に帰ってきて、グッタリと体中の力が抜けていく感じです。

              介護の仕事、命を預かる仕事とは、こういったことですね。

              皆さんの笑顔の陰にはこういった絶え間ない緊張感や危機感があるから。


              毎日、現場を守ってくれてるうちのスタッフ達を誇りに思います。






               

              | 介護 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
              結果の出ない努力に意味はない
              0




                 

                今日の夜は、社員ミーティングでした。
                ここで私が伝えたかったことは、


                「結果が出ない努力に意味はない」


                ということ。


                我々が正しいと思って取り組んでいることでも、「成功」という結果の出ないことには全くの無意味。


                だからこそ、結果を出すことこそが、利用者さまを守ることであり、我々の正義を証明することになると。


                その後、みんなでそれを実現するための戦略を各事業所ごとに分かれて議論しました。積極的に意見が出ていて盛り上がっていました。

                なんだかんだ言っても、一年前に比べたら組織は格段に強くなっているし、上がってくる問題点も、より本質的になってきている。

                努力が報われたかどうかなんて、死ぬ時に初めてわかること。


                同じ価値観をみんなが持って、本気の会社を作って行きたい!


                写真は見城徹さんの『たった一人の熱狂』から。
                最近いつもそばに置いている。読むと熱くなれる。





                 

                | 気づき | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
                アーサーがんばれ!
                0





                   

                  昨日は、アーサーと直と学大酒場エビス参へ。

                  アーサーは、うちの会社が創業した頃に渋谷でやっていた居酒屋で大学生アルバイトで働いてくれていた朝倉くん。

                  その後も、うちの息子もフットサルチームを立ち上げてそこで世話になったりしながら、家族ぐるみでおつきあいをさせていただいている。

                  朝倉くんの新たなチャレンジの話を聞いたよ。

                  頑張って成功して欲しいな!

                  そう、結果出さなきゃな!


                  しかし、このお店、あいかわらず流行っていますね〜。繁盛店のオーラとノリがココにはありますね。




                  バンコクのエビスダイニングでも出しているトマトもつ鍋はここがオリジナル。

                  さすがに美味しかったですよ。

                  ごちそう様でした!






                   
                  | 飲食 | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  5月の始まり〜
                  0




                     

                    今朝6時に成田空港に着き、無事、自宅に戻ることができました。


                    気づけば今日は5月1日ですね。
                    一年で最も大好きな5月の始まりです!


                    5月より、うちの会社では新たな体制でのスタートを切りました。
                     
                    今までの自分だったら、絶対にしなかったと思われる人事異動を行いました。
                     
                    しかし、今この時点で、利用者様や社員の幸せを考えたら、これしかないだろうという体制でもあります。

                     
                    これで結果が出なければ、諦めもつくというものです。
                    だからこそ、結果を絶対に出す!
                     

                    そんな強い思いと決意を持ち今月をスタートします。
                    家に帰って、とても天気の良い中、ワンちゃんと一緒に、近所の松陰神社まで、おついたちのご挨拶に行ってきました。

                    今月の決意とやりきる覚悟、そして日頃の感謝をお伝えし、今月も張り切ってスタートします!
                     





                     
                    午後からは事業所に行き、今日は夜勤勤務です!

                    皆様の寝顔を見ながら、不在中に溜まった事務作業をセッセと片付けていますよ〜!


                     

                    | 気づき | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    ギフトの時間
                    0






                      今日の6時にバンコクを出て日本に帰国の予定でしたが、機体の故障とかで、まさかのdelayとなり、代わりの便は明日の早朝と言われたのですが、明日は予定があるのでそこをなんとかねじ込んでもらって、今日の夜便で東京へ帰ることになりました。
                       
                       

                      突然できた出発までの10時間、スワンナプームの近くの航空会社が用意してくれたホテルでたまたま同じ便に乗る予定だった方と一緒にランチとディナーを食べたり、部屋にこもって溜まった仕事をしたり、ゆっくりとタイマッサージをしてもらったり、じっくりと本を読んだりして過ごしました。
                       

                       
                      読んだ本が、本田健さんの「決めた未来しか実現しない」


                       
                       
                      人生は、自分が何を選択するかでどんどん変わっていくし、その決めたことをどれだけ行動できたかで、結果が変わってきます。
                       
                       
                      未来を変えるために動き出すと、思い掛けずにこのようなギフトのような時間と気づきをいただけるのかも知れませんね。
                       
                        


                      さあ、リフレッシュできたので、東京帰ってまた明日から頑張ろう!
                       
                      | 気づき | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      仲間の夢を応援すること
                      0






                         

                        今日はスタッフ達と面談の日。

                        若いスタッフ達の夢の話を聞いた。

                        みんな、目をキラキラ輝かせて話をしてくれる。



                        それを聞いて改めて思った。

                        このお店は、そんなスタッフの夢の実現の為に、たくさん学び、たくさんの経験ができる場でありたい。

                        そして、私達はその夢を一緒に叶える仲間になりたい。


                        それが、このdrefound(dream foundation)という会社を創った目的なんだ。



                        仲間を応援することは、自分の夢を叶えることにもつながるんだ。








                         
                        | 会社 | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
                        半径5メートルにいる人を幸せにする
                        0




                           

                          今日は、とても良い出逢いがありました。
                           

                          はあちゃうさんが言われていたように、


                          クライアントさんやお客様の喜び、

                          仲間達の成長や喜び、

                          今回のご縁を繋いでくれた方への感謝の気持ち、



                          まさに私の半径5メートルにいる周りの人達の幸せを願ってお話しさせて頂きました。
                           

                          身近な人を幸せにできない人が、社会を良くしようなんてそんなの無理です。
                           

                          まずは、私の周りの人を笑顔にすることから。


                           

                          そんなことを考えながら食べたトマトモツ鍋はメチャメチャ美味しかった。



                           

                          みんなご馳走様でした!







                           

                          | 気づき | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
                          バンコク行きの飛行機の中で
                          0










                             

                            この本読んでいたら、あっという間にバンコクに着いた。

                            「今を変えられる力のない人が、未来を変えられるわけがない。」



                            そりゃそうだ。

                            毎日の行動が今の結果を作っている。
                             

                            変えてやるぜ!



                            すっごく勇気をもらえる本。

                            はあちゅうさん、今まであまり読んだことなかったけど、すっごく興味が湧いてきた!


                             
                            | 気づき | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
                            9周年
                            0





                              当社は4月3日で、丸9歳の誕生日でした!


                              会社を創業してから思い返せば色々なことがありましたが、やっぱりこの会社創って本当に良かった。
                              心からそう思えます。

                              やっぱり一度きりしかない人生、悔いなく思いっきり生きたい。


                              死の床についたときに後悔することって、

                              「チャレンジしなかったこと」

                              「ありがとうの気持ちを伝えてこなかったこと」

                              これが一番多いんですって。


                              これからも、チャレンジと感謝そして「今という一瞬一瞬」を大事にしていきたいですね〜


                              そして来年は10周年。


                              その節目のときには、今までの経験を集大成したようなこと、成し遂げていたい。


                              そんなチャレンジをこの1年でしていきます。


                              一緒に働く仲間も増えてきています。

                              そしてこれからも仲間を増やしていきたい!

                              何をするのかよりも誰とするか?


                              同じ志をもった仲間と一緒に、成功と感動を共有したいです!!


                              これからもドリーム・ファウンデーションの挑戦にぜひ力を貸してください。



                              ↑先日の「生きがい工房上和田」の3周年記念の写真。
                              この仲間たちと一緒に多くの人の「笑顔」を創り出すために、これからももっともっと走り続けます!


                               
                              | 気づき | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
                              一人はみんなのために、みんなは一人のために
                              0



                                ある1人の社員の個人的問題をみんなの問題として捉え、

                                どうするべきかを必死に考えて、話合ってくれているスタッフの姿に、胸が熱くなる。

                                まさにあるべき姿
                                「1人はみんなの為に、みんなは1人の為に」の実現だ。

                                会社は様々な問題を乗り換えながら成長をしていく。
                                まさに常に学びの場、「常在学場」なんだね。







                                 
                                | 気づき | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                初めてのドライブ
                                0



                                  息子が免許取って初のドライブ。

                                  助手席でドキドキしますが、なんとか運転出来てます。






                                   
                                  | - | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                  きっとうまく行く!
                                  0





                                    昨日の幹部を集めた会議の時、


                                    「悩んだ時でも、辛くても、きっと上手くいくんだって、そう信じていい続ければ、きっと上手くいくんです‼︎」



                                    って、言って結果を出した社員の言葉に、成長したんだな〜ってしみじみ思って、逆に勇気をもらった。


                                    そんな頼もしい仲間に囲まれて、これから始める新たな目標に向かって、あとはワクワク進んでいくだけだね!




                                    今日は節分。




                                    先ほど、新たな決意と日頃の感謝を伝えに来ました。

                                    さあ、行くぜ‼︎



                                     
                                    | 気づき | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                    生きがい工房二俣川パート2 2周年!
                                    0



                                       

                                      早いもので、本日弊社の生きがい工房二俣川パート2は、無事に2周年を迎えることが出来ました。

                                       

                                      今日は、利用者さま皆様でお祝いのケーキを作り楽しみました。



                                      これからも皆様と一緒に5年、10年と続いていきますように!






                                       
                                      | 介護 | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                      卒業
                                      0



                                         

                                        今日を最後に、一人のパートスタッフが退職した。

                                        彼女と初めて会ったのは高校生の頃、その頃から土日や学校が休みの時に働きに来てくれて、そのまま大学生になっても働き続け、結局2年半もの間勤務してくれた。

                                        今後は海外へ留学などの予定もあり、この度退職することになったのだ。


                                        ここでの介護の仕事が大学生活の上で、もっとも印象に残った時間だった、そして利用者様やスタッフのみんなから、多くのことを学ばせてもらえたからこそ、今があると言ってくれた。


                                        でも、彼女の存在は、利用者様の笑顔をたくさん作りだし、利用者様も自分のお孫さんのような彼女に会えることを毎週、心待ちにしてくれていた。


                                        うちは家族のような施設を目指している。


                                        そんな意味では、ある一定の年齢層のスタッフだけはなく、いろいろな年代のスタッフがいるということが家族のような自然な雰囲気を作り出してくれるのだとも思う。

                                        大学生が働ける介護施設ってなかなかないと思う。でもこれからも、可能な限り彼女のような学生さんでも意欲の高い方を採用していきたい。



                                        ここでの仕事は一旦や終わりになるが、これからも末長く、彼女の成長をみんなで見守っていきたいと思う。


                                        今までお疲れ様!


                                        そして有難うございました!






                                         
                                        | 介護 | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                        自分の人生を生きる(2)
                                        0





                                          自分が自分のために
                                           
                                          自分の人生を生きていないのであれば
                                           
                                          いったい誰が
                                           
                                          自分のために
                                           
                                          生きてくれるのだろう?
                                           

                                          自分を大事にできない人に、人を大事にできるわけないよね?






                                           
                                          | 気づき | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                          自分の人生を生きる
                                          0




                                            人から承認されるというは嬉しいことだ。

                                            しかし、人の期待に応えようとしたり、人の期待を満たすために生きてしまったらそれはダメだ。

                                            それは他人の人生を生きることであり、他者の自分に対する評価ばかりを気にするということは、他者は自分の欲求をどれだけ満たしてくれているのか?ということであり、それは結局、自分のことしか見ていない自己中ということなのだ。

                                            人に寄り添う。人を尊重する。人に貢献する。
                                            そこに貢献感を感じることで、自分の存在価値を認めていく。

                                            まだまだしっくりとこないけど、それができるようになったときに本当の自由を感じ、
                                            本当の意味で、人と横の関係が築けるようになるんだろうな?

                                            そんなことを今日は考えてました。

                                            忘れないように。







                                             
                                            | 気づき | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                            勇気
                                            0




                                              今日の移動中に、この本も一気に読んでしまった。

                                              この社長の生き様も壮絶だった。感動した。

                                              本での出逢いで大きな勇気をもらえる。

                                              自分の悩みなんて、ちっぽけに感じる。自分に足りないものを貪欲に吸収して経営に活かして行く!




                                               
                                              | | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                              0


                                                 

                                                今日はの社員ミーティングで社員の人達からとても大きな喜びを頂いた。
                                                 

                                                この社員達のためにも、もっと頑張って行きたいと思ったし、結果を出さなきゃいけない。


                                                社員がこの会社に入ったからこそ、成長したり、夢が実現する事ができたりする、そんな会社にする。

                                                そのために何ができるか?必死に考える。


                                                守るべき者がある人はとてつもないパワーを出せると思う。


                                                この恩は決して忘れない。
                                                 






                                                 
                                                | 気づき | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                                「熱狂宣言」
                                                0



                                                  今日は月に一度の自分の定期通院の日。

                                                  この時期は病院も混んでいて、11時の予約だったのに、検査も含めて終わったのが17時。。

                                                  1日が終わってしまいました。

                                                  しかし待合室で順番を待っている間、ずっと読みたかったこの本を読み終えました。

                                                  人目もはばからずボロボロ涙を流しながら読みましたが、自分も体中から熱いものがこみ上げてきました。





                                                   
                                                  | | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                                  人は皆成長したいと願っている
                                                  0



                                                    人は皆、成長したいと願っている。

                                                    そしてその機会を作り出し、その人の成長を加速させることができれば、その人の人生は生き生きとして充実感に満たされるだろう。

                                                    しかしその機会を作り出すためには、相手を信頼しなくてはならない。無条件の信頼を。

                                                    ひょっとしたら、相手に裏切られるかもしれない。

                                                    でも裏切りとは相手の問題。

                                                    自分の課題ではない。自分にできるのはただ単に相手を信頼し、委ねること。



                                                    シンプルに自分にできることに集中する。すなわち相手を心から信頼する。

                                                    結局、人の成長する機会を与えられるかどうかは、自分自身のあり方にかかっているんだなあ。

                                                    そんな会社、そんな事業所にしたいな。







                                                     
                                                    | 気づき | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                                    成人式
                                                    0




                                                      今日の成人の日、うちの会社からは2名のスタッフが成人の日を迎えました。

                                                      そのうち1人はうちの事業所の管理者を任せている者です

                                                      誰よりも成長意欲が高く、自分の課題を明確にし、可能性を信じて目標に向かって取り組んでくれています。

                                                      自分が成人式を迎えた頃はこんなにしっこりとしていたか
                                                      間違いなくそうではありませんでした。

                                                      彼女たちの未来が、この会社によって益々輝くものになるように!

                                                      今日の彼女たちの希望に満ちた明るい笑顔を忘れずに、私も挑戦を続けて行きます!

                                                      (真ん中は、2人の会社のお母さん、うちの会社のマネージャーです。)




                                                      | 介護 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                                      信頼することで
                                                      0





                                                        今年最初の社員ミーティング終了して帰りにいつものラーメンを。

                                                        今回は社員全員で、今の自分たちの事業所の問題点、あるべき姿を明確にし、そのためのアクションプランの納期と担当者を考える。

                                                        みんな真剣な表情で、目も輝いていた。

                                                        それぞれのメンバーが自分の役割を課題を明確にして、自らが取り組むという事が大事だよね。

                                                        一人一人が自分に矢印を向けて、自分の問題と課題を考える。

                                                        それに向かって、努力していく事で、結果として利用者様の満足度や事業所の業績につながっていく。

                                                        ここには部外者や傍観者の社員は一人もいない。みんな一人一人が当事者であり、主役なんだ。

                                                        ようやくやりたい組織の姿が少しづつ見えてきたかな。

                                                        全ては私がみんなを心から信頼して任せてみようと決意したこと。

                                                        結局、ここからスタートしたんだ。




                                                         
                                                        | 介護 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                                        強みを確認する
                                                        0




                                                           
                                                          うまくいかない事が続くと、今までのやり方が間違っていたのではないか?

                                                          本当にこれでいいのだろうか?と不安になってしまうものですよね?

                                                          箱根駅伝で連覇を果たした青山学院大学の原晋監督がテレビでそのように言われていました。

                                                          でも、そんな時こそ、自分たちの良いところをもう一度見つめ直してみる。
                                                          自分たちの強みを再確認する。
                                                          そうすると自信が湧いて来て、勇気が出てくる。

                                                          今の結果は必ずしも、自分たちの過去に要因があるのではない。
                                                          今の目的に問題があるのかも知れません。

                                                          自分たちの思考をもう一度目的にフォーカスして、
                                                          自分のリソース、強みにフォーカスする事で、
                                                          自信と勇気が湧いてきて、欲しい結果が手に入るのではないかと思うのです。


                                                          | 気づき | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
                                                          << | 3/23PAGES | >>