新たな管理者が就任しました

  • 2020.07.05 Sunday
  • 12:50

 

 

 

 

この7月より、退職に伴い生きがい工房茅ヶ崎の管理者が変更になりました。

 

新たな管理者は、田沼満代さん

田沼さんは、介護職になってまだ1年半。

 

しかし、目標に向かってスタッフをまとめ上げるリーダーシップ能力や、
様々な問題意識の高さは今までのご経験などもあり、非常に高いです。

 

介護事業における管理者の仕事は多岐にわたり、

 

・要支援者に対する問題解決における知識
・介護技術
・介護保険請求に関する知識

・法令遵守
・リーダーシップ

 

などなど幅広いです。

 

 

しかし、介護の仕事の経験が浅い場合には、

なかなかすべてを把握することができません。

そこで、副管理者、一般スタッフまでが

その仕事をサポートする仕組みを作りました。


そうすることで、介護の仕事が短くても、

管理職に向いている方を管理者になっていただくことが

できるようになったのです。

 

リーダーとは、介護の高い技術や経験も大事ですが、

何よりも、ご利用者様やスタッフたちを幸せにしたいと強く思う気持ちが

何よりも大事だと思っているのです。

 

 

そんな方にぜひ介護事業所のリーダーとして活躍いただきたい!

こんな思いで今回の人事を決定いたしました。

 

 

新たな生きがい工房茅ヶ崎にどうぞご期待くださいね!

 

 

 

生きがい工房茅ヶ崎管理者   田沼満代さん


 

スタッフがやめるとき

  • 2020.06.30 Tuesday
  • 22:06

 

 

 

 

 

経営者にとって、最もつらいことの一つは、

大事なスタッフが辞めるときだ。

 

今月は3名が退職することとなった。

 

 

それぞれのスタッフにそれぞれの理由があり、

それは個人の成長を促すものや

より良い未来を築くのにとても必要なことであったりして

退職を引き留めることはできなかった。

 

 

自分の人生を、自らの意思で選び、力強く歩んでいく。

そんな彼女たちの未来を、

素敵なものになるように祈るだけだ。

 
そして、行く先々で、悩み、苦しんだ時に、

ドリファンで培った力を発揮してほしい。

 
そして、外の空気を吸ってみて、

やっぱりドリファンがいい会社だったんだな〜

 

と気づいてくれたら、

いつでもまた戻ってきていい。

うちはそういった出戻り大歓迎だ。

 

その時は両手を広げてウエルカム!

 

 


3名のスタッフの今後の成長と幸せを祈っている。

また会いましょうね。 

 

 

 

昨日は送別会が開かれた。美味しいお肉と楽しいおしゃべりで楽しかった。

知立市の「和牛の里知立店」にて。

 

 

 

 

 

手放すこと

  • 2020.06.28 Sunday
  • 23:23

 

 

 

 

 

「なかなか手放すことができないもの」

 

自分の中でとても大事にしている価値観だったり、

自信をもっているものは

なかなか手放すことができない。

 

 

でも、それを手放すことで、

逆に大きな成果につながったり、

価値を得られることが結構あったりする。

 

 


自分のちっぽけなプライドだったり、

自己承認欲求によって

自分が手放すことに躊躇していたとしたら、

それはとてももったいないこと。

 

 
手放して、スッキリとすることで、

余ったスペースや時間によって

新たな可能性を感じることができるはず。

 

 

 

あなたが手放したくないと思っているものは、果たして本当に必要なことかな??

 

 

 

 

 

生きがい工房上和田に江口亮子さんがボランティアで来てくださり、

素敵な色紙をプレゼントしてくださいました。有難うございます。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM