リーダーとして大事だと思う3つのこと

  • 2018.04.08 Sunday
  • 23:46

 

 

 

 

今日は、リーダーとして大事な3つのことを考えてみた。

 

 

 

1:部下がついてこれるよう、志であり、想いといった目的・目標を指し示し、常に先頭を力強く走り続けること。

 

結局、これが最も大事だと思う。

 

このためにリーダーというのは存在する。

これを手放したらリーダーがリーダーとして存在しないと思う。

 

それを手放した状態は、投資家や、カウンセラー、コーチ、応援団となってしまう。

 

 

 

2:迷った時や、心が折れそうになってしまった時であったとしても、それが部下には決して伝わってしまってはならない。

 

リーダーだって迷うし、心が折れそうにもなる。

 

そんな時に頼れる部下がいるととても安心するし、そこにすがりたくなる気持ちも出てくる。

 

しかし、それは部下を最も不安にさせる行為であり、それはしてはならない。

 

リーダーには、誰よりも強い心が求められるのだ。

 

 

 

3:目的・目標に達成した時のことを考えるとワクワクできて、達成する可能性を感じられなくてはならない。

 

 

そこが果てしなく遠く、そこにたどり着くことがたとえ困難だったとしても、それが達成した時のことを考えるとワクワクできて、達成する可能性を感じられなくてはならない。

 

達成する喜びを感じ、それをリーダーと部下がともにワクワクできる状況でなければ、達成したいと思わないだろう。

 

また、それはたとえ果てしなく遠く、険しい道のりだとしても、

このリーダーや仲間達と一緒だったらきっと達成できるだろう!と思えなければ、

きっとその意欲は湧いてこないだろう。

 

 

 

 

結局、この3つのこと、自分自身はまだまだ全然できてない。

 

でもできてなかったからこそ、この大事な3つが理解できた。

 

これからも理想のリーダー目指し、日々チャレンジしていきたい!

 

 

正田進

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM