悩んだ時に考えた4つのことと、1つの気づいたこと(忘れないように)

  • 2018.03.11 Sunday
  • 17:15

 

 

 

今週はうちの会社で起きたある大きな問題について解決に向けて動いていた。

たくさん悩み、自問自答した。

 

 

まだ解決していない問題なので、内容に関してはここに書くことはできませんが、その際に色々なことに気づき、大事だと思ったことについて、備忘録としてここに記載しておきたいと思う。

 

 

 

 

1:判断基準は常に「良心」だ

 

創業から10年勤めた前職の社是は

 

 

「良心の元に判断し、誠実に行動する。(良心は人間の最良の判断基準だ)」

 

 

だった。

 

退職後、10年以上経った今でも、事ある毎に自分の「良心」に問いかける。

 

 

 

「三子の魂100まで」と言われるように、大事な価値観を教えてくださった恩師の有難味を思い出した。

 

 

一人の人として、恥ずかしくない生き方をして行きたい。

 

そしてそんな意識を勇気に変えて、行動を起こしてくれるスタッフがうちの会社にはいる。

 

心から誇りに思う。

 

 

 

2:人生で起こることには、必ず深い意味がある

 

「今回のこの問題は何を自分に伝えようとしてくれているのだろうか?

 

「このことから、何を学べというのだろうか?」

 

 

そんなことを自問自答した。そしてそれを祈るように問い続けた。

 

そうすると、答えが聴こえてくる。そしてそれは必ず自分自身の成長のために絶対に必要だったということが理解できるのだ。

 

 

 

 

3:「今を生きること」

 

これは、自分自身に対してとこの問題を共有してくれているうちの社員の仲間たちに伝えたこと。

 

 

この問題が生まれてしまったことへの、過去への後悔や残念や落胆する気持ちなど。

 

また今後、この問題がどうなるんだろうという、不安な未来を考えること。

 

 

この過去や未来のことに思いを巡らせて、今、この瞬間を生き切っていないということはないだろうか?

 

 

それは今、目の前にいらっしゃるお客様に失礼ではないか?

 

誠実な対応とは言えないのではないか?

 

そう考え、それをみんなにも伝えた。

 

今を誠実に精一杯生きることで、輝ける未来が必ずくる。

 

 

今、目の前で我々のサービスを必要としてくださっている方々に、精一杯の想いを込めたサービスをしていこう!

 

勇気を持って、こんな気持ちで進んで行きたい。

 

 

 

 

4:成長できる選択をしよう!

 

選択肢がいくつかある場合、迷ったら、どっちが自分を成長させてくれるか?

 

「狭き門から入れ」

 

成長できる環境を自ら判断し、勇気を持ってそれを選択したい。

 

そんな判断基準を持ち、ぐんぐん進んで行きたいと思う。

 

 

 

 

気づいたこと:何事も初動が大事!!

 

 

後からどんなにことの重要性に気づき、取り返そうとしても取り返せないことがある。

 

初動ですべてが決まってしまうこともある。

 

なぜなら、初動は「素の自分」が出てしまうから。

 

反射レベルの反応は、取り繕えない自分が出てしまうのだ。

 

 

 

 

 

 

この4つ(プラス1つ)を常に心に留め、勇気を持って進んで行くぞ!!!

 

 

 

正田進

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM