CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< うれしかったこと | main | コーチング >>
祝1周年
0
    4月3日

    今日は我がドリーム・ファウンデーションの創立記念日。当社もようやく一周年を迎えることができました。

    これまでお店に来ていただいた沢山のお客様、私たちのビジネスを支えてくださった業者さま、本部の皆様、そして一緒にお客様を喜ばせようと同じ夢に向かってがんばってくれている熱い仲間に対して深く感謝しております

    思い返せば一年前の3月末に、設立から12年間勤めてきた会社を辞め、翌月4月3日にこの会社を設立した。
    ドリーム・ファウンデーションという会社の社名の由来は
    「夢を持つと人は強くなれる」
    「夢は終わらない」
    といわれるように私自身も今まで38年間の人生の中で、多くの夢を持ちながらそれに向かって生きてきたことで、高いモチベーションを維持することができた。人はモチベーションが高いとき、意欲的な時には幸せを感じると思う。夢を持つことは幸せな人生を送るとても重要な要素だと思う。
    しかしながら残念なことに今の子供達は夢を持つことができない時代だとも言われている。
    だからこそ、夢を持ち、自らの可能性を信じ、夢にむかってがんばって輝いている大人たちが沢山いて、そんな大人たちが子供達に希望を与えることがこれからの日本を背負う子供達のためには絶対に必要だと思う。

    そんな意味で、夢の基盤・基礎・夢のベース、夢のきっかけをここの会社のお店に来たお客様、ここの会社で働く若いパートナー(アルバイト)、社員にたいして与えていけるような、そんな会社を作りたくてドリーム・ファウンデーション(夢の基礎・基盤)という社名にした。

    このお店で働くことで将来の夢を見つけたり、その方法を見つけたり、何か目標をもって取り組むことで何事にも一生懸命取り組むというメンタリティーを身につけたり、さまざまな夢を持つきっかけが得られると思う。
    また、そのお店にいらっしゃるお客さまが、そんな夢に向かってキラキラとがんばっている従業員から、何かをインスパイアされることがあるかも知れない。
    単純に「今日もいろんなことがあったけど、明日もがんばってみよう!」なんて思ってくれたらこのお店がある意味があると思う。


    そんな架け橋、きっかけがこの会社のお店でできればうれしい。
    そしてそんな価値のあるお店をこれからも沢山作っていけたらうれしい。
    自ら夢を持ち、人を明るく元気にしたいという志をもった人を輩出できるそんな会社をつくっていきたい。


    そのためにはやらなければならないことが沢山沢山ある。

    私たちの夢はまだ始まったばかりですが、これからも一人一人の本気の想いが店を熱くし、渋谷を熱くし、日本を熱くすると信じて、今日からまた一日一日がんばっていこうと思う。
    2年目のドリーム・ファウンデーションのご期待ください!



    PS 我が同志、前職の同僚のHMさん
    お誕生日おめでとうございます!お会いする機会がめっきり少なくなってしまいましたが、また一緒に何か大きなことやりたいですよね。
    38歳!ますますご活躍されることを祈念しております。



    正田進
    | 会社 | 12:36 | comments(4) | trackbacks(0) |
    コメント
    1周年おめでとうございます。

    JUGEMに移したんですね。
    そういやHMさん誕生日でしたね…
    | 863 | 2008/04/04 2:40 PM |
    1周年 おめでとうございます!!

    | つっちー | 2008/04/04 5:21 PM |
    863さん
    ありがとうございます。
    PLではご苦労さまでした。新しい仕事が決まったらまたお知らせくださいね。

    つっちーさん
    ありがとうございます。ご依頼の品が遅くなってしまってすみません。。
    | 正田進 | 2008/04/05 5:15 AM |
    1周年おめでとうございます!

    夢とは大きいものですね。
    今度お仕事でない時にご一緒させていただきたいです。
    | mot01 | 2008/04/05 9:25 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック