CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 今考えること | main | 5度目の挑戦、サロマ湖100キロウルトラマラソン >>
人生の終え方
0
    介護の仕事をするようになって、毎日多くのお年寄りと一緒に生活をするようになって、一番大きく変わってきたこと。

    それは、「今を生きる重要性」をさらに深く理解できたということだ。



    多くの利用者の方々の生き方(人生の終わり方)に触れる中で、自分自身がどう人生を終えていくのか?
    そのことを考える機会が多くなった。


    まず理想的なのは、やはり死ぬ直前まで夢を追い続けて、走り続けて、ある日ぽっくりと死にたい。

    そのために、毎日忙しく、全力で駆け抜ける。
    生きがいをもって、熱中し続けられる夢を持ち続けていきたい。


    その実現のために、忙しすぎるくらいの方がいい。

    まさに、今を100%生きるということだろうか?


    でもそんな生き方を自分自身が意識するようになると、高齢者の利用者の方々に対する対応も変わってきた気がする。


    ここに通われる皆様は、私たちと同様に、さまざまな悩みや問題を抱えている方が非常に多い。

    ・お嫁さんや義理の息子さんとの関係
    ・将来の不安について
    ・身体のこと
    ・自分の過去の人生の後悔
    ・今、生きていることへの後悔など


    しかし、それはある意味、考えてもしょうがないというか、どうしようもない問題も多くある。

    そのどうしようもない問題に心を支配されて、目の前の人生を謳歌できていない。気持ちが集中できていない。
    そんな場面に多く直面することがある。


    そんなとき、我々にできることとすると、

    「意識を【今】に向けさせてあげる。」事ではないか?

    「ともに時間を過ごして差し上げる。」事ではないか?


    とそんな風に思う。



    人生の大先輩から毎日毎日多くのことを学ばせてもらっている。

    そして我々がまだ経験したことのないことを、一緒に過ごさせていただくことで、疑似体験させていただいている。


    本当にありがたい。




    今日も精一杯生き切った!!!


    そう毎日思えるそんな人生を送ってみたい。

    そうすることで、人生の最後を迎えるときに


    「ああ、幸せないい人生だったなあ。」

    と思えるような気がするのである。



    今日もそんなことを気づかせていただいた。
    有難い。





    正田進




    チャペルドリーム・ファウンデーション運営店舗のご案内


    学大酒場 厳選モツ エビス参
    | 気づき | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック