初めてのチャレンジ富士五湖ウルトラマラソンは?

  • 2012.04.23 Monday
  • 22:42
昨日、チャレンジ富士五湖100キロマラソンに出場してきました。

結果、70キロ地点でリタイアしました。。。




今まで、5年以上フルやウルトラのマラソン大会に出場してきましたが、人生初のリタイア。

初めて収容バスというものに乗って、ゴールまで帰ってきました。。






この3月に事業を始めて、走る時間が取れなかったということも理由としてあるのですが、とにかく悔しくて、悲しくて、どうしようもなく落ち込みました。。。



どうしてだろう?
何がこんな気持ちにさせるのだろう??


いろいろと考えて浮かんでくる気持ちは



まったく何もできていなかった。


このチャレンジに対して、まったくと言っていいほど、何もしてこなかった。


この大会は次の大会につなげるための、練習と思って出場したらいいんじゃないか?

そんな軽い気持ちで出場してしまったことでした。



フルマラソンならともかく、100キロマラソンはそんなに甘くなかった。

マラニックのような気持ちで、ウルトラのレースに出てはだめだということ。



何事に関してもそうだと思うのですが、準備も含めて精一杯取り組めたら、それに対して思いっきり力を出し切れたら、結果がどうであっても、良くても悪くても、悔いは残らず、すがすがしい気持ちになったのではないか??

仮に同じく完走できなくても、自己ベストが更新できなくとも、この大会のために、できうる限りの準備と取組ができていたとしたら、きっとこんな情けない気持ちにならなかったと思うのです。





これは、日々の仕事や日々の生き方にも通ずることがあるのではないだろうか?

そんなことも考えました。

毎日毎日を精一杯取り組めているのか?

悔いを残さず生き切っているのか?

まだまだやれることがあるのではないか?



そんなことも考え、学ぶことができました。


人生でもマラソンでもこんな情けない気持ちはごめんです。


次の野辺山、サロマでは絶対に結果を出します。

そのために、準備も怠らず行っていきます。


もちろん今取り組ませていただいているお仕事でも、しっかりと結果を出します。


すべてに全力投球。していきます。



この悔しさを忘れることが無いように、このレースのゼッケンを毎日見えるようにオフィスの壁に貼り、
取り組んで行きます!!!!




レース中に声をかけてくださった皆様、フェイスブックで応援していただいた皆様



皆様の応援本当にありがとうございました。

申し訳ございませんでした。この学びを得たことが大きな収穫になるよう、次につなげていきます。




次こそ絶対にゴールするぞ。




正田進




チャペルドリーム・ファウンデーション運営店舗のご案内


学大酒場 厳選モツ エビス参

茶話本舗デイサービス二俣川
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Rakuten

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM