CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< この一週間で得られた事とは? | main | ご報告 >>
2011年を振り返って
0
    今年もあとわずかで終わりですね。

    例年のように、一年を振り返ってみたいと思います。

    いろんなことがありすぎた一年だったな。



    1月

    悲しい出来事が続いた年明けだった。



    2人の大切な友人を亡くした。

    とっても若すぎる別れだった。


    「一期一会」「今を生きる」「一日一生」

    こんな気持ちで過ごす事。


    そしてそんな気持ちで人と接する、大切に向き合って行く事を学んだ。


    これは今も続けている事。

    そしてそのために新たな習慣を身に付けた。




    2月

    ランニングチームに入って仲間と一緒に走り出した。

    せっかくやるなら、同じ目的や同じ夢を持った仲間と一緒に励まし合い、ノウハウを共有し合い、切磋琢磨できる環境に身を置いた方が同じ事をやるのでも成果が出ると思い、以前から一緒に練習している仲間に紹介を受けて初めた。


    そのおかげで、東京マラソンでは4年ぶりの自己ベスト更新!!

    ランニングは、今年一年、私にとってたくさんの感動と成長を与えてくれた。



    3月

    決して忘れる事が出来ない3月11日の大震災。


    「目の前に起こる出来事には、すべて重要な意味が隠されている」

    では、この震災はいったいどんな意味があると言うのだろうか?


    そんな事をいつも考えながら過ごした日々だった。

    会社の経営も世間の自粛ムードの中売り上げは低迷し厳しい日々が続いた。

    しかし多くの人に支えられ、多くの仲間からの愛情をいただいた日々だった。


    結果的に創業の店舗である渋谷神南店から撤退する事となったのが、残念で仕方が無い事だが、これもかかわってくださった皆様に多大なるご配慮をいただき、最小限度の負担で済んだ。

    本当に大事なもの、本当に守らなければならないものが理解できたそんな時期だった。



    4月

    厳しい時期、創業4周年を無事に迎える事が出来た。

    独立してからというもの、あっという間の4年間だった。
    リーマンショック、東日本大震災、とまあ、4年間で色々な事が有った。

    しかしまだまだ次から次へといろいろと起こる予感。



    5月

    今度は焼き肉店でユッケで死亡事件が起きた。。

    その事件の店舗が「エビス」という焼肉店。

    当店とはいっさい関係が無いのにも関わらず、風評被害が発生。。


    しかし、当社ではより一層の衛生管理をして、安心、安全の場の提供につとめてきた。

    しかしながら、風評被害や逆風は止まらなかった。



    6月

    毎年恒例のサロマ湖100キロウルトラマラソンに出場した。


     
    念願の自己ベスト更新、10時間切りをする事が出来た!!

    仕事では色々な事が有りながらも、着々と走る時間を取り、しっかりと成果は残した。



    辛いときこそ、前を向いて、笑顔でがんばりたい!
    そんな事を実践を通じて学ばせていただきました!

    こんな挑戦をさせてくれている社員のみんなに、いつも感謝。



    7月

    学大酒場 エビス参は1周年を無事迎える事が出来た。

    と同時に、7月に過去最高売り上げを達成する事も出来た。

    不採算店舗を買収し経営を始めたお店でしたが、一年間かかってようやく業績をあげる事が出来た。

    多くのお客様やお店を可愛がってくださっている多くの常連様のおかげであり、そしてそれを作り上げた店長、社員の努力の賜物だと思っている。


    本当にありがとうございます。



    8月

    用賀酒場 エビス参が2周年を迎えられました。

    辛い時期が続いたからこそ、多くの方々に祝福され、感謝の気持ちをより一層深く感じることができた。



    9月

    初めて、ミスチルのライブを生で見た。

    息子と二人、仙台でのライブに車で行って来た。


    桜井さんの東北を元気にしたいという気持ちとその情熱にただただ心を動かされた。

    ライブで泣けた。




    10月


    「自己受容」について深く深く考えた。

    今年一年のテーマにもなった、この問題についていろいろなきっかけをいただきながら考えることができた。


    自分自身を受容できない人間は、決して他人も受容できない。

    結果や成果など条件付きの受容でなく、無条件の存在を受容できる人間になりたい。


    そんなことを決意した。



    11月


    夢の実現に向けて大きく動き出したこの時期。

    運命に導かれるように、いろいろなことが動き出した。

    明らかに流れが変わっている気がする。


    息子も人生の岐路に立っていた。

    彼ともいろいろな話をして、彼自身が決断した時期。



    12月

    今年一年学び続けたセミナーが終了を迎えた。

    また、経営者として大きな決断の場面にも立ち会った。


    すべての結果がリンクして、互いにつながっていたと感じられるこのひと月であった。

    今考えると不思議な体験だけれども、それはすべて心から良い方向に向かっていると言える。


    そして、それは2012年に向けて着実につながっている。

    来年は自分の中ですごいことが起こりそうな予感がする。



    慌ただしくいろいろな事があって駆け抜けた2011年でしたが、振り返って見ると、多くの方々やアルバイトや社員の仲間たち、そして多くのお客様にも助けていただいた一年間だった。


    人のありがたみや温かさを強く感じ、幸せは人と人との間にあるものなんだということを、心から実感できた。

    2011年本当にありがとうございました!!!





    この感謝の気持ちを、2012年はたくさんたくさん多くの人に返していけるそんな一年にしていきたい。

    どれだけ多くの人にどれだけ多くのものを与えることができるか?


    与える人になりたい。

    与え癖をつけたい。

    そのために、力をつけたい。

    そのために、自分をさらに向上させて存在価値を高めていきたい。



    そんな決意をもって、2012年もチャレンジしてまいりますので、皆様来年もどうぞよろしくお願いいたします。


    皆様にとっても2012年が更なる良い一年になりますように。







     
    正田進




    チャペルドリーム・ファウンデーション運営店舗のご案内


    学大酒場 厳選モツ エビス参

    用賀酒場もつ焼き エビス参
    | 気づき | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック