CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< さよなら おだいどこ | main | 信じること >>
創業4周年
0
    4月にはいり、少しバタバタと忙しく毎日を過ごしている。

    社内でさらなる飛躍を目指した人事異動を行い、新体制になってから少し慌ただしい。



    4月3日は当社の創業記念日であった。

    2007年に創業したので、4周年。

    まだまだ若い会社ではあるが、この4年間でいろいろな事が有った。

    会社を興してわずか4年の間、2008年にはリーマンショックという100年に一度といわれる金融危機が起こり、そして今年は300年に一度の大震災、東北、関東大震災が起こった。


    環境が次から次へとめまぐるしく変わり、その都度、末端である飲食業界には多大なる影響が来ている。



    「目の前に起こる出来事には、すべて重要な意味が隠されている。」

    と言われている。

    その事自体が本当なのかどうかは、死ぬまでわからないが、そう信じたほうが幸せで、人生が豊かに生きられる事は確かだ。


    だとしたら、この次々と引き起こされるこのさまざまな困難は、一体我々にどんな事を伝えようとしてくれているのだろうか???


    そんな問いに毎日答えを見つけながら、懸命に、そしてワクワクとしながら、


    「最後には、きっと素晴らしい未来が待っている。」


    と信じる事ができたとしたら、それは素晴らしい毎日なのかも知れない。




    私がとても影響を受けた田坂広志さんの講演を聞きました。

    とても深い内容で、心が大きく揺さぶられました。

    機会があれば、ぜひみなさんも聞いてみてください。

    少し長い講演ですので、ipodなどに落として聞いてみてください。


    http://www.sophiabank.co.jp/audio/japanese/2011/03/post_340/


    以下田坂広志さんのメッセージ
     

     田坂です。

     

     3月23日に、

     

     いま、あなたに何ができるのか

     − すべての人が社会に貢献できる生き方・働き方 −

     

     というテーマを掲げ、

     社会起業大学での記念講演を行いました。

     

     

     いま、我々は

     東日本大震災の惨禍と混乱の中にあります。

     

     この惨禍と混乱の中にあって

     いま、我々は、何を考えるべきでしょうか。

     

     この東日本大震災。

     

     二万人を超える方々が命を失った

     この大震災と大津波。

     

     それは、なぜ、起こったのか。

     

     いま、我々は、そのことを考えるべきでしょう。

     

     ただし、その意味は、決して、

     日本は地震国であったから

     日本は島国であったから

     そういう意味ではない。

     

     そうした「科学的説明」よりも

     大切なものがあります。

     

     「意味」を感じる力。

     

     それが、いま

     深く問われています。

     

     そして、我々の心の奥深くには

     いま、共通の感覚が、ある。

     

     この大震災は

     起こるべくして起こった。

     

     その感覚が、あります。

     

     それは目の前にある、現実。

     

     混迷する政治

     低迷する経済

     共感を失った社会

     倫理を忘れた経営

     働き甲斐の無い労働

     浮薄な文化

     弛緩した精神

     

     実は、我々の誰もが、そのことを感じていた。

     

     そして、我々の誰もが、心の中で感じていた。

     

     いつか、この国は、経済の破綻に直面する。

     そのとき、我々日本人は、

     大切なことに、気がつくのだろう。

     

     誰もが、そのことを、心の中で感じていた。

     

     この、我々の中に、共通にあった感覚。

     

     しかし、実は、この感覚の中に

     すでに、甘い認識が潜んでいた。

     

     2011年3月11日。

     

     何が起こったか。

     

     政治、経済、社会、文化の

     すべての破綻を遥かに超え

     史上空前の危機がやってきた。

     

     一瞬にして失われた、二万人を超える

     尊い命。

     

     いま、誰もが、この事実の前に、

     言葉を失い、茫然と立ち尽くしている。

     

     しかし、この最も痛苦な時期だからこそ

     我々が、自らの心に、深く問わなければならない

     大切な問いが、ある。

     

     

     この方々の尊い命は、なぜ、失われたのか。

     

     

     その問いを、問わなければならない。

     

     そして、その問いを通じて

     我々が、気がつくべきことが、ある。

     

     この方々が、その尊い命を賭して

     我々に、教えてくれようとしたものが、ある。

     

     そのことに、気がつくべきでしょう。

     

     では、それは、何か。

     

     

     この講演では、そのことを語りました。

     

     この講演の全録音を

     下記のソフィアバンク・ラジオ・ステーションで

     公開しました。

     

     http://www.sophiabank.co.jp/audio/japanese/2011/03/post_340/

     

     お聴き頂ければ、幸いです。







    正田進




    チャペルドリーム・ファウンデーション運営店舗のご案内


    学大酒場 厳選モツ エビス参

    用賀酒場もつ焼き エビス参

    | 会社 | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック