CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< おだいどこは今日から沖縄!! | main | 結婚式 >>
組織の成長と個人の成長
0
    「組織の成長こそが、人財を成長させるもっとも有効な機会だ」



    最近つくづくそんなことを考える。

    というのは、私の前職は、最大約70店舗の直営店を展開する会社で、責任者として店舗のマネージメントをしていたことがある。

    しかも、約2年間でほとんどの店舗を出店し、ピーク時のときには、毎週のように新規出店をしていた。
    新入社員は毎月、数名づつ入り、その新人店長を約1か月間の研修ののち、店長として配属して店舗を立ち上げてきた。



    採用、研修、既存店舗チェック、など、毎日毎日が忙しく、展開エリアもおもに、大阪を中心とした関西エリア、北は山形、宮城県、南は福岡、佐賀まで展開していたために、週のうち家に帰るのは週末だけだった。


    そんな中で、私は本当に大きなチャンスを与えていただき、大きな成長ができたと思っているし、実際に今の自分の知識や自信は、この時に醸成されたといっても過言ではないと思っている。
    その時のことを振り返ると本当に楽しかったし、今でも体中がわくわくしてくる。

    そして私と同じように、私の多くの仲間達もまた、どんどん成長していく姿を、たくさん目の当たりにしてきたのである。


    そのような環境を与えていただけて本当に感謝している。



    しかし、急速に展開したつけは最終的に大量閉店という悲しい結末も迎えることになったのだが、良い悪いは別にして、大きな成長をさせてもらったということは事実である。




    では、私は自社の社員に対して、そんな成長できる環境を与えていたのだろうか?

    そんな事を改めて考えてみた。


    あの時の、前職でともに汗を流した仲間達のような成長をしているものは残念ながらまだ見当たらない。





    もちろん組織が疲弊するほどの急拡大は、決してやろうとも思わないし、やりたくても現実的には、不可能だ。

    しかし、適度な成長をすることによって、社員の環境を変化させてあげることは可能であると思っている。

    そんな絶妙なタイミングを見計らって、良いタイミングで成長できていけたらいいと思う。


    そのためには組織が成長することと、それ以上に経営者が成長し続けなくてはならないと思う。



    そんなことを出店を検討しながら、考えてみた。




    7月までに大きな事またやります!!!








    正田進





    ↓↓↓ クリックご協力ください
    人気ブログランキングで正田進は今何位?



    チャペルドリーム・ファウンデーション運営店舗のご案内

    用賀酒場もつ焼き エビス参(2号店)

    居酒屋ダイニング おだいどこ はなれ 渋谷神南店(1号店)


    ↓↓皆さんご協力くださいね。
    イーココロ!クリック募金
    | 理念 | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック