CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 会社案内 | main | 初ブログ >>
クレド
0
     株式会社ドリーム・ファウンデーションクレド

    ドリーム・ファウンデーションの社員、パートナーと価値観を共有することで、強い団結と結束を生み、高い成果を生み出すことで、社員、パートナーの人生が価値の高いものになるよう、ここにクレドを作成し共有する。



    ミッション(使命)
    ・夢を持つことは人を意欲的にし、生きている実感を得て、幸せ感を得る素晴らしいことである。わが社は、すべての人に夢を持つ気づきやチャンスを提供するために存続する。
    ・自ら夢を持ち、周りの人を明るく元気にすることをミッションとしているリーダーシップを多数輩出する。
    ・社会を明るくする可能性のある飲食業、この魅力ある飲食業に従事する人々のモチベーションアップに貢献し、飲食業の社会的価値を高める。そのためにはまずドリーム・ファンデーションの社員がそれを具現化する。


    バリュー(価値)

    自らに対して:
    ・明るく元気である
    ・常に学び続け、成長し続ける

    同僚・仲間に対して:
    ・人の気持ちを理解する
    ・人に関心を持つ
    ・仲間の成長に貢献する

    取引先に対して:
    ・WIN−WINの関係を築く

    お客様に対して:
    ・明るく元気に接することでお客様を明るく元気にする



    社是
    「いい会社をつくりましょう。」
    いい会社とは、ただ単に経営上の数値実績ではなく、ドリーム・ファウンデーションの社員、パートナー全員がこのドリーム・ファウンデーションに所属することに誇りを持ち、会社に所属することの幸せをかみしめられるような会社であり会社を取り巻くすべての人たちが日常の会話の中で「いい会社だね」と言ってくださるような会社のことである。「いい会社」とは自分たちを含め、すべての人々をハッピーにします。そこに「いい会社」をつくる真の意味があるのです。



    経営理念
    「ありがとうがいっぱい」

    社員、パートナーが沢山のありがとうを伝える環境をつくりたい。
    お客様から沢山のありがとうをいただきたい。
    社員、パートナーの仲間同士がありがとうを伝えられる仲間でありたい。



    行動指針


    ・挨拶は先に、明るく、心を込めて行う。
    ・対話とは相手の意欲を引き出す効果があることを理解する
    ・お客様の声は自分たちの成長をさせていただけるとてもありがたいものである。
    ・常に周りの人に喜ばれる人になろう。
    ・成長を求めましょう。成長することにより、多くの貢献ができるようになる。
    ・常に何事にも感謝の気持ちを持とう。感謝を行動にすると貢献することになる。
    ・顧客のクレームに感謝しよう。クレームこそ能力をアップさせるための最大のチャンスである。
    ・他人の失敗は学びのチャンスである。
    ・一緒に働く仲間をあるがまま受け入れ信頼しよう。
    ・人の変化に言葉をかけよう。
    ・一期一会。今お会いしている目の前の人に感謝の気持ちを持とう。
    ・想いを言葉に、言葉を行動に、一環した行動が信頼を得ることができる。
    ・個人は会社のために、会社は個人のために。自分が仲間のために何ができるか?をいつも考える。
    ・人間というのは不完全なのです。不完全性の自覚から滲み出る謙虚さを自分のものにする事が非常に大事である
    ・私たちは人と人との関係性を大事にする会社です。社員・パートナーは同じ志をともにする、同志であり、ともに結果を出すチームであり、ともに成長をしていく仲間である。だからこそお互いの成長の支援をすることこそが会社の最も大事にする価値観です。
    ・お客様と私たちはともに承認を与え合うことができるとても大事な存在です。そしてお店はそこに集う人が皆元気になれるすばらしい価値を作り出す場であると考える。
    ・人の夢を応援すると自分まで元気になれる。人の夢を応援していると自分の夢まで実現する。
    ・私たちの事業分野は、「感動共有業」であり「生きがい共有業」です。
    | 会社 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック