CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
クリエイティビティを発揮する
0

     

     

     

     

     

    森に籠ってアイデアを練ってみる??

     

     

     

     

     

    今月は、スタッフみんなのクリエイティビティを発揮する月にしていきたいと思っている。

     

    スタッフみんなの創造性を発揮して、誰もやったことがないサービスや、どこにもないサービスを編み出していきたい。

    個々のニーズが多様化する中で、介護サービスの内容や質も常に高みを要求されていく。

     

    数年前までは、オリジナリティーがありとても喜ばれたサービスも、今では他の事業所でも行われていて当たり前となっており、

    顧客のニーズは常に高まっている。

     

     

    しかし、介護事業所は、そのニーズに十分に応えられているだろうか?

    実態はまだまだ応じられているとは言えないと思う。

     

     

    「生きがい工房だからこそ。」「生きがい工房にしかない」

    そういったものがあるからこそ、

    ご利用者は多くの介護事業所からうちを利用したいと仰るわけだし、

    求職者も、是非ともうちで働きたいと思うのだと思う。

     

    みんなの創造力を発揮して、ワクワクしながらオリジナリティーを追求していきたいね。

     

     

     

     

    | 気づき | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
    成果を得るための継続した活動の結果は?
    0

       

       

       

      朝から「お一日参り」へ

       

       

       

       

       

       

       

      今日から10月が始まりましたね。

       

      9月は色々と「整える月」にしたいと思った。

      全部門でそれぞれ目標を明確にして、成果につなげるために、

      スタッフ皆んなで毎日、継続した活動を徹底して行っていく月にした。

       

       

      果たして結果はどうだったか?

       

       

      活動ができている部門とできていない部門がある。

      それによって、成果も出ている部門と出ていない部門が出てしまった。

       

       

      さて、その違いは何?

       

      ・そもそもルーチンの活動をきちんとやりきれなかった?

      ・活動そのものはできたのだが、活動内容が結果に繋がらない活動だったから?

      ・それとも、別のことに気を取られ、成果を出すための活動に集中できていなかったから?

       

       

      色々と原因はあるが、しっかりと見極め、今月の活動に結びつけていきたいね。

      今月はみんながやりきったと言える月にしたいよね!

       

       

       

       

      | 気づき | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
      目の前の人を大事にすること、自分自身を大事にすること
      0

         

         

         

         

         

        ↑7年前のFacebookの投稿

         

         

         

         

        「自分のもっとも身近な家族やパートナーを大事にしたり想いを伝えられない人間に、

        組織やチームを大事にしたり、想いを伝えることなんてできない。」

         

        そんなことを7年前に言っていた。

         

         

        最近つくづく思うのは、

        これと同じように、自分自身を大事にできない人は、本当の意味で他人も大事にできないと思う。

         

         

        我々の会社の一人一人の心が物心共に満たされて、初めてご利用者やお客様に対して、

        心のこもったサービスができるわけで、

        まずは我々のスタッフたちの、環境や組織内コミュニケーションを改善し、

        処遇や待遇をできる限り高める努力をし続けていかなければならない。

         

         

        自分自身との約束を守り、自分を信頼できる、自分を最も大事にできる人になりたい。

        そうすれば、人にも優しくなれるはず。

         

        サービスに終わりがないように、ここを目指して常にチャレンジしていきたい。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        | 気づき | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
        信頼関係を継続し続けるために大事なこと
        0

           

           

           

          スタッフと食事に

           

           

           

           

           

           

           

          自分の思いが強いがゆえ、なかなか人の意見が受け入れられない時がある。

          考え方の違い、思いの違いにより、信頼関係が壊れてしまうこともある。

           

          しかしたとえ考え方が違ってもその先にある、

          大きな目的、志が一緒だとお互いが認識しあえていれば、

          考え方の違いがあっても信頼関係は崩れないはず。

           

           

          そうなるためには何が必要か?

           

           

           

          お互いがリスペクトしあうこと。

           

          そして、お互いに謙虚さを忘れないこと。

           

          そして、腹を割って本音で語り、相手の話をしっかりと聞くこと。

          すなわちガチで語り合うこと。

           

           

           

          大事なことを気づいたので、忘れないように。

           

          これから帰ります。

           

           

           

           

          | 気づき | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
          9月22日は初心に返る日
          0

             

             

             

             

             

            朝ごはんを食べながら考えてみた

             

             

             

             

             

             

             

            「良心と誠実」

            ー良心のもと判断し、誠実に行動するー

             

             

            これ、私の座右の銘にもなっている言葉で前職の創業者に教えて頂いた。

             

            「人としてどうありたいか?」

            良心という価値観・信念が能力、行動、環境と全て一致する事が、前向きに活き活きと生きて行く為には重要な事だと思う。

             

            そういった意味では、前職の環境というのは、すべてが一致できたとても良い環境だった。

             

            経営者というのは、そういった一人一人の心の奥にしまってある大事な価値観に気づかせ、

            それに沿った環境を作り、それを実現できる能力を行動を通じて培わせるのが本来の仕事ではないかと思っている。

             

            そんな大事なことに気づかせていただけた前職の会社を、創業者とともに創立メンバーとして設立させていただいたのが今から24年前の今日1995年9月22日だ。

             

            あれから24年の月日が流れた。約四半世紀。。

            今朝は出張先のホテルで初心に返り、色々と考えてみた。

             

            そして私にはまだまだやらなければならないことがたくさんある。

            やるぜ!!

             

             

             

             

            | 気づき | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
            言葉
            0

               

               

               

               

               

               


              昨日の夕方、見上げたら大きな虹が出ていましたね。






              思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
              言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
              行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
              習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
              性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。
              (マザー・テレサ)

               


              言葉使いを気をつけることで、運命が変わるのか?

               

              だったら、丁寧で、前向きな、明るくきれいな言葉を使ったほうがいいよね。

               

               

               

               



               

               

              | 気づき | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
              自らやらなきゃいけない環境を作り出す。
              0

                 

                 

                 

                 

                 

                昨日食べたデザート。ダイエットは今日はおやすみ。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                昨日、うちのマネージャーたちと食事をした。その中で出ていた内容が印象に残った。

                 

                なかなかうまくいかなかった事業を任されていたマネージャーが、事業がうまくいかなかった時、どうしたらうまくいったか?

                 

                そのターニングポイントは、

                 

                「やるしかないんだ」って、心を決めた時。

                 

                現状を悔やんだり、問題を上げるらっても、結局は、自分が腹をくくって、絶対にやってやるぞ!

                と決意した瞬間に物事は動き始めるということ。

                 

                 

                人は結局は楽したい生き物。できればやりたくないし、できれば流されたい。

                 

                でも、やらないとまずいぞ!と思った時に初めてやるものだ。

                 

                 

                組織としてそんな環境を作り出すことも必要だが、自分自身で、やらなきゃいけない環境を作り出して、自らをそんな気分にできる人は、真のリーダーだね。

                 

                そんな話をしていた1ヶ月で10キロ近いダイエットをしたマネージャーを見て、心の強さを感じ、誇りに感じたね。

                 

                 

                | 気づき | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
                シロちゃんおめでとう!!
                0

                   

                   

                   

                   

                  パッちゃんと、俺と、城田君。

                   

                   

                   

                   

                  バンコクの会社で、事業責任者として頑張ってくれている城田康二君が、来月10月に晴れて結婚することになった!

                  お相手は、同じお店のスタッフで、オープンから一緒に頑張ってきてくれたパットさん。

                   

                  城田君とは、2009年の8月、用賀でオープンしたもつ焼き屋(弊社3号店)のアルバイトで応募してきてくれ、もう10年の仲になる。

                  持ち前の性格と、誰の懐にもサッと入れ、仲良くなってしまう天才的な能力で、多くの常連のお客様を喜ばせてくれた。

                   

                  のちに海外展開を検討する際には、大きな不安もありながらも、切込隊長としてバンコクへ単身で乗り込み、早7年になる。

                  そこで出会ったのがパットさんというわけだ。

                   

                  彼もタイに来て、いろいろなことがたくさんあったけど、こういった幸せを掴めて本当によかった。

                   

                  これからは守るべき者が増えた分だけ、またさらなる高いミッションを持ってチャレンジしていきたいね。

                   

                   

                  来月はパットさんの田舎で行われる結婚式にも参加してきます!

                  二人の幸せな姿を見れるのが今から楽しみです!

                   

                   

                   

                  | 気づき | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  やる気
                  0

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    昨日仲間と食べた牛タン。美味しいものを食べると「やる気」が出ます!!

                     

                     

                     

                     

                     

                    やる気があるかないか?

                     

                    今まで、部下のマネージメントをする中で、相手の「やる気」、もしくは「モチベーション」が高いのか?低いのか?

                    という視点を中心に相手を見ていた気がする。

                     

                    これは、部下の仕事に対する従業員満足度を測る上ではとても重要な視点だと思うが、結果を出すためのマネージメントにおいて、もちろん大事な視点だとは思うがそれだけではないと思う。

                    なぜなら、人はモチベーションが高かろうが低かろうが、動くときには動き、結果を出すときには出すものなのだ。

                     

                    要は、人の動く動機というのは、「必要に迫られるから」なわけで、必要がなければ動くことをやめてしまうものなのだから、動かないとまずい状況を仕組みにして作り出してあげれば、自ずと動くわけで、動くことで成果が出てくれば、自ずと「やる気」は出てくるものなのだ。

                     

                    「やる気」というバロメーターにばかり目を取られ、「やる気」がないからダメなんだと考えてしまうのは、あまりにもマネージメント側の努力不足だというものだ。

                    そんなことを考え、最近はマネージメントのアプローチを変えている。

                     

                     

                     

                    ところで、実は15〜20年前くらいに、私が役員をしていた会社で、モチベーションについてこのような見解をアドバイスをくれた女性がいた。

                    そのときには、私は「やる気」ばかりに目を取られ、「何言ってんだ?」くらいに思っていたが、今はその意味が痛いほど良くわかる。

                     

                    あの頃にもっともっと謙虚さと、学びの姿勢があったらもっと本質が理解できたのに。。

                    若気の至、深く反省しております。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    | 気づき | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    新たな一歩
                    0

                       

                       

                       

                       

                       

                      今日もいい天気。これから愛知に出張します!

                       

                       

                       

                       

                       

                      昨日は重要な契約を結ぶことができた。

                       

                      これで新たな事業を始める準備が整った。

                       

                      自分自身が前々からとても興味のあった事業であるし、

                      我が社のダイバシティー経営の考え方にもとてもあう事業だと思う。

                       

                      11月をめどに開業できるよう、準備を進めていく。

                      今回、この案件を結んでくださった方々に深く感謝したい!

                      今年は、チャンスの年、チャレンジの年、

                      その分、動き回って、慌ただしいけど、スタッフも育ってきている。

                      それぞれのスタッフに大きな成長が見えて嬉しい。

                       

                      「人生の目的は成長することだ」

                       

                      いくつになっても成長を追い求められる組織にしきたいし、

                      トップである自分が誰よりも成長し続けられるようチャレンジし続けていきたいね。

                       

                       

                       

                      | 気づき | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      << | 2/27PAGES | >>