CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
謙虚さの源泉とは?
0

     

     

     

    謙虚さってやはりとても大事。
    それを忘れて行動したとき、大概大きな問題が起こる。

    問題が起きるときって本人は正しいと思って行動している。
    気持ちの根本が正義感で満ち溢れているため、使命感をもって行動する。
    しかし、そのことが正しいかどうかなんて正直わからない。
    これは神様しかわからない領域。

    自分は不完全な存在だ。
    そう思っていればおのずと謙虚になれるはず。

    そもそも、人間は不完全ではないのか?
    私はもともと出来ないことだらけの人間で、学校でも劣等生だったために、
    不完全で欠陥だらけの人間だ。
    だからできる限り謙虚に生きてきたつもりだ。(できない子供でよかったと今は思える。)
      
    でもそう思っていない人もいる。
    それって本当だろうか?
      
    世の中には多くの問題が存在する。
    例えば、介護殺人の問題。
    日本各地で、要介護者を抱えた家族が、介護を苦にどうすることもできずに、要介護者を殺めてしまう。
    自分を愛してくれた親であったり、配偶者をだ。
     
    また児童虐待や殺人の問題だってそうだ。
    これだけ社会福祉が進んでいても、こういった悲劇が毎日のように新聞に出ている。
     
    我々の介護事業所にだって多くの問題がある。
    様々な問題を抱えたご利用者やご家族が大勢いらっしゃる。
    その方々の問題を少しでも解決しようとスタッフたちが日々努力してくれているが、なかなかすべての問題を解決することはできないきない。
     
    また社内でも「働きたい」という些細な願いすら、家族の問題や子供の問題で思うように実現できない者もいる。
    そんな身近な問題にすら、我々は解決できない。
    そんな問題だらけの世の中に暮らしていても、はたして自分は完全だと言えるのだろうか?
    問題を抱える人たちの中で、自分ができないことだらけだと、無力感に思い知らされることはないのだろうか?
    だからこそ、必死になって目の前の課題に取り組み成長していくのだと思う。
     
     
    そういった気持ちが謙虚さを生むのだと私は思う。
    | 気づき | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コンステレーション
    0

       

       

       

      おいしそうな焼き立てパン

       

       

       

       

       

       

       

       


      我々の仕事は多くの人たちの「居場所創り」だ。
       
       
      介護事業はいくつになっても「生きがいを持って生き生きと暮らせる居場所創り」であり、
      飲食事業は「おいしい料理とお酒で楽しい時を過ごせる居場所創り」であり、
      エステ事業は「なりたい自分になるお手伝いをしてもらえる心を開いて相談できる居場所」である。
      またスタッフたちにとっての居場所創りだ。
       
      生き生きと自分の役割を果たし、社会とのつながりを感じられる職場が得られることは幸せなことだ。
      そんな職場となるよう、われわれは数年前からダイバシティ経営を積極的に行っている。
       
      高齢者、障がい者、シングルマザー、外国人などのスタッフが何人も我々の会社で働いている。
      そんな居場所創りとして、新たな事業として取り込むことができるか検討するために、先週は地方出張してきた。
       
      まだまだ調べなければならないことがあるが、面白そうな感触を得た。
      約20年ぶりに訪れたその場所は、大きく発展していてすっかりと変り果てていたが、このタイミングでこの事業に出会うことの意味するものは何なのか?
      コンステレーションについて考えてみたい。
       
       
      | 気づき | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
      ポジティブに過ごす
      0

         

         

         

         

        今朝はポジティブな空気が流れていた。

         

         

         

         

         

         

        会社を始めたばかりのころ、私はスタッフから、「怖い人だ」「冷たい感じのする人だ」
        と思われていたらしい。
         
         
        まったくの不本意であるが、それが現実だった。
         
         
        そのような本気のフィードバックをしてくれる人は当時なかなか居なかったために、最初は嫌な気持ちをしたが、非常に有難いことだとすぐに感謝できた。
         
         
         
        その当時は、言葉だけではなく、態度や表情に表れていたんだと思う。
        コミュニケーションの7割はノンバーバルコミュニケーションが占めるといわれている。
         
         
        当然、スタッフは続かず、業績も芳しくなかった。
         
         
        今はどうだろう?少しは思いやりのある言葉が増え、笑顔や温かみのある人間になれただろうか?
         
        ポジティブな理念で過ごすことが、明るい言葉、ポジティブな言葉や表情を生み、人が集まり運気も高くなってくるのだと思う。
         
        たとえ言葉に表さなくとも、どんな気持ちで過ごしているか?が言葉以外で現れてしまうものなのだ。
         
         
         
        人を幸せにするポジティブな想念で満たされた人になりたいね。
          
        | 気づき | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
        高尾山へ行ってきたよ
        0

           

           

           

           

          3歳になるポーちゃん、そしてトイプードルの2匹も一緒に頂上まで登ったよ!

           

           

           

           

           

           

           

          先日、高尾山へ登山に行ってきた。

           

          一緒に登ったのは、昔からの経営者仲間。

          業種は全く違うが、共通しているのはそれぞれが夫婦で会社を経営していること。

           

           

          友人たちの会社は夫婦それぞれがお互いの強みを活かしながら、とても良い関係を築きながら、ぐんぐん成長している。

           

          それに比べてうちはどうだろう?

          やはりうちも私の足りないところをたくさん補ってもらっているし、実際に約5年前から妻と一緒に仕事をするようになってから業績も毎年上がってきている。

           

           

          先日も一日一緒に山に登る中で、絶好調な友人の会社の状況や取り組んでいる内容をお聞きして、たくさんの気づきがあったし、刺激も受けた。

           

          我々もまだまだやれること、たくさんあるね!

          いつもお付き合いいただける仲間たちに感謝です!

           

           

          意欲と元気をたくさんいただいて、気分もリフレッシュした秋の一日でしたよ!!

           

           

           

           

           

           

          | 気づき | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
          完成イメージを高めるために
          0

             

             

             

             

             

            代官山にあるあるお店。よく通いました。

             

             

             

             

             

             

             

             

            完成イメージが低く、なかなか高みを目指すことができず、低いレベルで満足してしまう人がいる。

             

            そんな時、レベルを低いことを嘆くより、レベルの高い物を見せてあげることが有効だったりする。

             

             

             

            前職でベーカリーレストランの店長をしていた時、その会社の社長にサービスの良いお店、質の高いお店に色々と連れて行ってもらった。

             

            そこで繰り広げられるホスピタリティー溢れるサービスを体感し、心配り、気配りの温かさや、思いやりの深さに触れ、多くの感動に触れ、私たちもお店に帰って、自店で同じ様にサービスを取り入れて行ったものだった。

             

            そういった成長のプロセスは間違いなく楽しかったし、自分自身やスタッフが成長している実感を得ることに大きな満足感を覚えた。

             

            このような経験が今の自分の価値観を作っていることにあらためて気づき、自分がそだててもらった環境に深く感謝の気持ちを持った。

             

            さあ、今の会社でそのような成長機会を十分に与えることができているのか?

             

            まだまだやることがたくさんあって楽しみ!!

             

             

            | 気づき | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
            結婚おめでとう!!
            0

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              先日、タイのバンコクで事業責任者として頑張ってくれている城田君が結婚式を挙げることができました。

              私もタイの田舎で行われた結婚式と、バンコクでのパーティーに参加させていただきました。

              お店にお越しいただいているお客様や同業者の方、仕事でお付き合いのある方やお友達の方々など、とても多くの方々にお越しいただきとても楽しい会となりました。

               

              彼とは日本で飲食店の新規オープンの時に採用しましたので、もう10年の付き合いになります。

               

              彼は同じ夢や志を目指している同志であり、

              また、時にはプライベートで相談をさせてもらう親友でもあり、

              また、歳の離れた弟のような存在でもあります。

               

              そんな彼が、異国の地で最愛の人と出会い、結婚して家族を持ち、生涯を共に一緒に暮らすことを誓ったことは私にとって大きな喜びとなりました。

               

              彼は、人に対する想いがとても熱い男です。

              (でもそれが時には、人によってお節介と感じられたり、めんどくさいと思ったりもすることがあるかもしれませんが。。。)

               

              義理、人情には熱い男で出会ってから今までに、裏切られたことも、多分嘘をつかれたこともないです。

              結婚式でご一緒させていただいた彼のお父様も同じことを仰っていました。

               

              だからこそ、多くの人が彼と彼の奥様を祝福しに集まってくださったのではないかと思います。

              そんな魅力的な彼ですが、これからも二人が夫婦として歩んでいく中、そして城田君がバンコクで人生を前に進めていく中で、多くの困難が立ちはだかることがあると思います。

              そんな時には多くの人に祝福してもらったことや結婚した時の喜びを忘れずに、お互いに力を合わせて、乗り切ってほしい。

                

              そして大事なことは

              お互いに謙虚な気持ち、感謝の気持ちを常に忘れず、リスペクトの気持ちを持って過ごしていってほしいと思います。

               

              それさえ忘れなければ、生涯一緒に居られるかな?

               

               

               

               

              シロちゃん、Patさん 結婚おめでとう!!!

               

               

               

               

               

               

               

              | 気づき | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
              9時間の打ち合わせ!
              0

                 

                 

                 


                今日もガッツリ食べて、行ってきます





                 

                昨日は朝の9時から18時までぶっ通しで打ち合わせがありました。

                しかも、その間に休憩も取らず、口にしたのはペットボトルの水だけ!


                決して褒められたものではありませんが、参加者皆さんの一つのものを作り上げたいという強い熱意と想いが感じられ、あっという間の9時間でした!

                来月オープンを目指しているその店舗は予定よりも若干の遅れが出ているために、参加者皆さんがなんとかそれを挽回したいという気持ちもありました。

                今回、我々の事業に協力してくれている方々の想いに応えるためにも、必ずや成功させなければならないと強く思いました。
                 

                 

                心地よい疲れがまだ残っていますが、この感謝の気持ちを忘れないよう、ブログに書いておきました!

                 

                 


                 

                | 気づき | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
                クリエイティビティを発揮する
                0

                   

                   

                   

                   

                   

                  森に籠ってアイデアを練ってみる??

                   

                   

                   

                   

                   

                  今月は、スタッフみんなのクリエイティビティを発揮する月にしていきたいと思っている。

                   

                  スタッフみんなの創造性を発揮して、誰もやったことがないサービスや、どこにもないサービスを編み出していきたい。

                  個々のニーズが多様化する中で、介護サービスの内容や質も常に高みを要求されていく。

                   

                  数年前までは、オリジナリティーがありとても喜ばれたサービスも、今では他の事業所でも行われていて当たり前となっており、

                  顧客のニーズは常に高まっている。

                   

                   

                  しかし、介護事業所は、そのニーズに十分に応えられているだろうか?

                  実態はまだまだ応じられているとは言えないと思う。

                   

                   

                  「生きがい工房だからこそ。」「生きがい工房にしかない」

                  そういったものがあるからこそ、

                  ご利用者は多くの介護事業所からうちを利用したいと仰るわけだし、

                  求職者も、是非ともうちで働きたいと思うのだと思う。

                   

                  みんなの創造力を発揮して、ワクワクしながらオリジナリティーを追求していきたいね。

                   

                   

                   

                   

                  | 気づき | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  成果を得るための継続した活動の結果は?
                  0

                     

                     

                     

                    朝から「お一日参り」へ

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    今日から10月が始まりましたね。

                     

                    9月は色々と「整える月」にしたいと思った。

                    全部門でそれぞれ目標を明確にして、成果につなげるために、

                    スタッフ皆んなで毎日、継続した活動を徹底して行っていく月にした。

                     

                     

                    果たして結果はどうだったか?

                     

                     

                    活動ができている部門とできていない部門がある。

                    それによって、成果も出ている部門と出ていない部門が出てしまった。

                     

                     

                    さて、その違いは何?

                     

                    ・そもそもルーチンの活動をきちんとやりきれなかった?

                    ・活動そのものはできたのだが、活動内容が結果に繋がらない活動だったから?

                    ・それとも、別のことに気を取られ、成果を出すための活動に集中できていなかったから?

                     

                     

                    色々と原因はあるが、しっかりと見極め、今月の活動に結びつけていきたいね。

                    今月はみんながやりきったと言える月にしたいよね!

                     

                     

                     

                     

                    | 気づき | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    目の前の人を大事にすること、自分自身を大事にすること
                    0

                       

                       

                       

                       

                       

                      ↑7年前のFacebookの投稿

                       

                       

                       

                       

                      「自分のもっとも身近な家族やパートナーを大事にしたり想いを伝えられない人間に、

                      組織やチームを大事にしたり、想いを伝えることなんてできない。」

                       

                      そんなことを7年前に言っていた。

                       

                       

                      最近つくづく思うのは、

                      これと同じように、自分自身を大事にできない人は、本当の意味で他人も大事にできないと思う。

                       

                       

                      我々の会社の一人一人の心が物心共に満たされて、初めてご利用者やお客様に対して、

                      心のこもったサービスができるわけで、

                      まずは我々のスタッフたちの、環境や組織内コミュニケーションを改善し、

                      処遇や待遇をできる限り高める努力をし続けていかなければならない。

                       

                       

                      自分自身との約束を守り、自分を信頼できる、自分を最も大事にできる人になりたい。

                      そうすれば、人にも優しくなれるはず。

                       

                      サービスに終わりがないように、ここを目指して常にチャレンジしていきたい。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      | 気づき | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      | 1/26PAGES | >>