我々の強みを生かす

  • 2019.10.05 Saturday
  • 21:30

 

 

 

 

事業所の誕生日会!!

 

 

 

 

昨日はある介護事業所の運営推進会議に参加した。

 

運営推進会議とは、ご利用者様のご家族や、地域住民の代表者の方々に参加いただきサービス向上や地域の方々との連携を目的に行われるものです。

 

その会議の中で、日頃から大変お世話になっているケアマネージャーの方から報告がありました。

うちの事業所に何名ものご利用者様をご紹介いただいている方なのですが、

あるご利用者様からは

 

「素晴らしいところに紹介してくださって有難う!!ここは家族のような暖かさがあるところなの。本当に皆親切なのよ!」

 

とのお言葉をいただいたとのこと。

嬉しかったですね

 

うちは小規模な事業所なので、一人一人に細かく対応できることで、ちょっとした移動でもしっかりと付き添いをして歩いてもらえるし、こまめにコミュニケーションが取れることで不安を抱えやすい認知症の方でも安心してお過ごしいただくこともできる。

 

そのようなうちの強みがしっかりとケアマネージャーの方にご理解いただけていることはとても嬉しかったですね。

 

これからもご利用者様のためにさらに精進して我々のサービスを磨いていきたいですね!

 

 

 

 

 

自立型リーダー

  • 2019.09.29 Sunday
  • 16:03

 

 

 

 

 

もう秋の空ですね。

 

 

 

 

 

先週はある事業所のミーティングに参加させてもらった。

その会議の中では勉強会が行われ、認知症についての知識を学ぶ時間があった。

資料を読み合わせ、管理者の体験などを話してくれ、とても有意義な会だなと思った。

 

そもそも施設内で問題と思われる案件があり、それに対応するための勉強会だった。

問題についてしっかりとした見識を持って考え直してもらいたいという意図があり、

誰から言われたわけでもなく、管理者自らがこのような企画を立てて実行してくれた。

 

 

自らが問題を発見し、それを解決するために、自らが方法を考え実行する。

 

 

まさにこれこそが「自立型リーダー」ですよね。

新米管理者の成長に嬉しくなった会議だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

人生の終え方を考える

  • 2019.09.09 Monday
  • 13:18

 

 

 

 

 

茅ヶ崎の事業所には、土地柄サーフボードが飾ってある?

 

 

 

 

 

介護の仕事をして私がよかったと思うことは色々あるが、自分の人生のプライオリティーが明確になったというのはとても大きなことだった。

 

介護事業所にいらしている大勢の方とお会いしている中で、この方のような歳の重ね方をしたいな。

という方にたくさんお会いすることができた。

 

健康で元気で明るく、

いつまでも周りの人に対して優しさと謙虚さを兼ね備えた、

そんな生き方をしていきたい。

 

そうするためにどうしたら良いのか?

 

それを考え続けることで、色々な新たな習慣ややるべきことも明確になってきた。

そして、そのことこそが、最も大事にしなくてはいけないと思えるようになってきた。

 

「人生の終え方」

自分がどんな風に人生を終えるか?

そのために毎日どう生きるか?

 

この壮大なテーマに向き合わせていただけたことも、全て、介護事業所で出会った素敵な利用者さま達のおかげです!!

 

 

人として大事なこと

  • 2019.09.06 Friday
  • 10:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、月に一度の社員が集まる社員ミーティングが行われた。

その中で伝えたかったこと、それは会議では稼働率や業績についての報告が中心に行われているが、

もっと大事なことはご利用者様に対して

「敬う気持ち」を持てていますか?ということ。

 

我々が日々ケアさせていただいているのは、認知症という症状を持っている方という前に、

我々よりも長く生きている目上の方であり、目上の人を敬うというのは、日本人なら誰でも知っている

「人として」最も大事なこと。

 

態度や言葉にそれを表して行動できていますか?ということ。

 

我々は介護者である前に、一人の人としてどうあるべきか?を常に忘れてはいけないよね。

 

(自分への戒めも含めて)

 

 

 

 

誇りを持って働くということ

  • 2019.08.20 Tuesday
  • 10:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は給与支給日。

皆さんに給与明細書と一緒に宛てた手紙の一部です。

 

 

 

「略

 

私が仕事をする上で常々大事だと思うことは、「自分の仕事に誇りが持てるかどうか?」だと思う。

 

生きがい工房のスタッフの皆さんは介護の仕事に誇りに思っていると思います。

 

介護とは、私たちの人生の大先輩である方々を敬い、ご利用者の人生の最後をひと時を幸せで楽しい時にするために

精一杯の努力と成長を重ねながら、サポートさせていただくお仕事です。

 

しかし、自分たちの「生きがい工房」で行っている介護に誇りを持つことができているでしょうか?

 

生きがい工房で理想の介護ができているでしょうか?

 

 

もし、理想としている介護と、自分が今行っている介護との間に「ギャップ」すなわち「乖離」があるとしたら、ご自身のお仕事に誇りを持つことはできないのではないでしょうか?

 

我々が常に考えなくてはいけないことは、常にそのギャップを認識し、そのギャップを埋める作業を繰り返していくことなのではないでしょうか?

 

我々が毎日扱わせていただいているのは、人様の命であり、人様の人生そのものです。

 

命や人生に妥協はあってはならないし、許されてはならないと思います。

 

一人一人の高い志が、ご利用者の一人一人の命や人生を守ることにつながるという意識を持って仕事をしていきたいですね。

 

後略」

 

                                                               

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Rakuten

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM